見えないものに、身をまかせること

重度の自閉症を抱えながらも、社会を鋭く見つめている作家・東田直樹さんの連載です。 今回は、人の「思考」に関する東田さんの考察です。 「何かに煮詰まると、一度そこから離れてみる」という経験が、私たちにもあるのではないでしょうか。 東田さんはそのときの感覚を、風に身を寄せる植物にたとえています。 ゆっくりと繰り返し読むことで、少しだけですが東田さんの感覚に近づけるような気がする、そんな今回のエッセイです。


 僕は、植物にしっとすることがあります。

「人は考える葦」と言ったパスカルも同じ気持ちだったのではないでしょうか。

 葦は、確かに人間から見れば弱い植物かもしれませんが、植物自体に強い弱いという概念はありません。与えられた土地で自分の一生を懸命に生きるだけです。嵐の日もそよ風の日も、そこに居続けることが使命なのです。

 僕が原稿を執筆する際、書く内容に煮詰まると、少し時間をおくことにしています。
 その間に考えをまとめているわけではないのです。頭の中を一度からっぽにしたいためです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
跳びはねる思考—22歳の自閉症作家が見た世界

東田直樹

「僕は、まるで壊れたロボットの中にいて、操縦に困っている人のようなのです。」 会話ができないもどかしさや意に沿わない行動をする身体を抱え、だからこそ、一語一語を大切につづってきた重度自閉症の作家・東田直樹。 小学生の頃から絵本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kenji1761 「僕は、植物にしっとすることがあります」: 約4年前 replyretweetfavorite

fujinejima とにかく美しい文章。毎回すばらしいです!今回は、もう一行目から強烈に惹きつけられます。⇒ 約4年前 replyretweetfavorite