シカだったけどね・・・#16

みなさんの怖いことってなんでしょうか?
怖いことがとにかく苦手なバブ夫ですが、今回は実家でオバケの声を聞いてしまったときのお話です。 そしてバブ夫は迷信もなんとなく信じちゃうタイプなのでした。

実家でおばけ?

バブ夫はほんとに怖がり。

お化け屋敷もジェットコースターも無理な乙女系おじさんです。

それにしても、義実家で暮らし始めた最初の秋のこと。
繁殖期の鹿の鳴き声を初めて聞いた時は私もびっくりして通報しそうになりました。
繁殖期の雄鹿は「キャアアアアアーゴフゴフッ!!!」みたいな声で鳴くんですよ。

結局岡山には3年弱いて、3シーズン鳴き声を聞いたんですが、最後の方は(やった・・・!! 鳴き声聞けるなんてラッキー!!)なんて思ったものです。

それでですね、バブ夫が鹿の鳴き声をオバケの声と勘違いしていたのもギリギリ分かるけど、オバケの声だな、と確信するくらいなら私に相談くらいしてくれてもいいんじゃないか!?と思うんです。
偽心霊体験が、夫婦の愛を試すことになるとは思いませんでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大盛のぞみさん、既刊本。どクズ彼氏列伝、ラブホの清掃バイト、昔の痛いファッションetc…ほっこり下品な闇歴史、大幅加筆修正&新ネタも収録!

この連載について

初回を読む
うちのバブ夫は様子がおかしい

大盛のぞみ

漫画家・大盛のぞみさんの夫は体重90~100キロの巨漢にかかわらず、かわいいもの、キラキラものが大好き。赤ちゃん返りが激しく、現在も進行中。心は思春期女子ですが、行動は爺さんかおばさんなのか、はたまたおっさんか? そんなバブちゃん夫の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません