純猥談

私は19歳で、彼は24歳。彼には44歳の彼女がいた。

いま同じ時代を生きる人たちから寄せられた、性愛にまつわる体験談をご紹介するこの連載。今回はふたばさんからの「純猥談」をお届けします。


私はまだ19歳で、彼は24歳。彼には44歳の彼女がいた。

彼の彼女は3人の娘を持つ、人妻だった。 つまり彼は不倫をしていた。

もう4年も人妻と不倫関係にあると打ち明けられたとき、チャンスだと思った。


「不倫なんて良くないよ。最低だよ」

「そうだよね」

「私と付き合おう。私となら時間を気にせず会えるよ」

「うん、そうする。そうするよ」

彼は人妻と別れ、私を選んでくれた。


私達は、色んな場所へ出かけた。 昼間に堂々と、手を繋いで。

ショッピングモールを歩いた。郊外にあるカフェでお茶を飲みながら話し込んだ。浴衣を着て、お祭りに出かけた。互いの友人に紹介し合い、ダブルデートのようなこともした。

それは彼が不倫をしていた4年間、ずっと夢見ていた、 「普通のカップル」の「普通の交際」だと言う。


私は処女を彼に捧げた。

とても怖かったけれど、彼の大きくて優しい手が、唇が、私を安心させてくれた。

彼が前戯に長い時間をかけてくれたおかげか、挿入してもあまり痛みを感じなかった。 彼が私を選んでくれたことが嬉しくて、彼を正しい道へ導けたことが嬉しかった。幸せを噛みしめた。

そう、私は、昔から、正しいことが大好きだった。

浮気、不倫、一夜限りの関係。そういうものが嫌いだった。

セックスは好きな人とするべき。 きちんとコンドームをつけて。 手を繋いで。好きって何度も言い合いながら。

だってそれが正しい恋愛でしょ? だってそれが正しいセックスでしょ?


私と彼が正しい交際を開始して1カ月。

火曜日の夜だけなぜか彼と連絡が取れないことが続いた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suisuiayaka うわあ....... (良すぎて) 2ヶ月前 replyretweetfavorite

TaylorTutti 熟女好きという性癖は変えられないので誰も悪くない話。 2ヶ月前 replyretweetfavorite