純猥談

どうでもいい男と寝てきたことをこんなに後悔したことはなかった。

いま同じ時代を生きる人たちから寄せられた、性愛にまつわる体験談をご紹介するこの連載。今回はりょーこさんからの「純猥談」をお届けします。


彼がわたしを初めて抱いた時のことは、正直お酒のせいであんまり覚えていない。

その時のわたしは、お酒を飲んで流されるままにどんな男の人とでもセックスできるどうしようもない女だったし、男の人だってその場限りの女とのセックスなんて挿れて、揺すって、出すだけだと思っていた。


その日、朧気ながらに覚えているのは蕩けそうな色をした彼の目。

それから、先端をきゅっと摘まれて、焦らすように腰を撫でられたこと。感触を確かめるみたいなキス。わたしの好きな香水の香り。

その場限りの関係ばかりだったわたしには、彼のセックスの全てが狂おしいくらい優しく見えた。


「昨日のこと、っていうより俺のこと覚えてる?」

「...まさと、くん。」

下半身に残る重怠さで目が覚めて、その時に聞かれた質問と 正解、と言わんばかりの嬉しそうな顔。

セックスした人の下の名前を覚えたのはこれが初めてだった。

「慣れてないんだね。」

わたしが誰でもいいタイプの人間だということを分かっているくせに、こんなことを言う人も初めてだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hakase27 前もツイートしたことあるけど、このシリーズなんか好き。切ないよね。 6ヶ月前 replyretweetfavorite