男の友達がいない男性

東京渋谷のワインバー「bar bossa」の店主・林伸次さんのコラム連載です。今回のテーマは、「女性が結婚してはいけない男性」についてです。バーカウンターのむこうからたくさんの人たちを観察してきた林さんから見て、結婚をしてはいけない男性というのが何パターンかいたそうです。結婚を考えている女性の皆さん、ぜひ参考にしてください。

「男の友達」の定義

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

今日は男性にはつらい話かもしれませんが、ちょっとおつきあいください。

職業柄、女性に「『こういう男性はやめておけ』って見分けるための何かわかりやすいポイントはありますか?」みたいなことをよく質問されます。

自分のことを棚に上げておいて、こんなことを言うのはちょっとあれなのですが、でも娘を持っている親として言わせていただくと、こういう有名な言葉があります。

「男の友達がいない男性とは結婚するな」です。

これは「結婚」というところがポイントなんですよね。ただの「交際」なら男の友達がいない男性でも結構楽しいと思います。恋愛はふたりだけのものですから、ふたりの世界で完結していたらそれで問題ないわけです。

でも結婚するとふたりだけではなくなるんです。親戚付き合いや近所付き合い、子供が出来たらその子供が関係している付き合い全部がふたりの人生に重くのしかかってくるんです。

そして男の友達がいない男性は、こういう時にうまく立ち回れません。そういう男性は敵ばかり作っちゃう人だからです。困ったときにも助けてくれる友達がいません。やっぱり娘がいる親として、彼らと結婚することは勧められません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

heboya えーと……。 うるせりバカ! > 2年弱前 replyretweetfavorite

zakotsuri |林伸次 https://t.co/PuxErNXhg5 >よく言われることですが、「200万円貸して」と言われて貸してあげたり、貸してもらえたりする仲が、「男の友達」の定義です。 よく言われるんだwww 聞いた事無かったわ、友達いないからかなw 2年弱前 replyretweetfavorite

_udonchan やばそう 2年弱前 replyretweetfavorite

ascens_ridicule 典型的な脳みそが足りないゴミ以下の勘違い野郎の戯言 よくこんなの恥ずかしげもなくネットに晒せるな 2年弱前 replyretweetfavorite