​人の心もグラデーション

今回は「心」についてのお話です。お宝鑑定番組で、偽物鑑定された人を見ていられないという林伸次さん。そこから考えた「心のグラデーション」とはどういうことなのでしょうか?
本連載の書籍化第二弾が発売されました


大人の条件(産業編集センター)

お宝を偽物判定されたお婆ちゃんを見ていられない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、発達障害の方の記事を読みました。

https://toyokeizai.net/articles/-/370405

この方は、早稲田大学政経学部を卒業して出版社に就職するも長く続けることができず、がんばって試験を受けて公務員になっても長くもたなかったそうです。辞めたあと、注意欠陥障害と自閉症スペクトラムとわかった、という記事でした。

「言語理解」の能力は高いけど、「知覚統合」は低い。視覚からの情報をうまく処理できなくて、地図や図表やグラフを読むのが苦手。ケアレスミスが多く、スケジュール管理、マルチタスクが苦手。場の空気が読めない。人と「おもしろい」と感じるところが違う—なんか僕、すごくこの人に共感してしまうんです。

僕、たまに空気が読めなくて言ってはいけないことを言ってしまうし、人と面白いところが違うと感じることがしばしばだし、お店で同時に注文とか仕事が入るとパニックになるし、グラフとか図表とかが出るとなにもわからなくなり、ワードとかエクセルとかを一生理解できる気がしません。何百回も通っているのに、未だに新宿の地下がどうなっているかもわかりません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの大人気連載の書籍化第二弾!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

7SOdMKBZHFrK1se 人の心もグラデーション|林伸次 @bar_bossa | 13日前 replyretweetfavorite

kaoremix 人の心もグラデーション| 15日前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 人の心もグラデーション|林伸次 @bar_bossa | 15日前 replyretweetfavorite

MaxHeart24 →人の心もグラデーション|林伸次 @bar_bossa | 15日前 replyretweetfavorite