フーゾク・ソーシャルメディア・植民地

今回の「新・山形月報!」が取り上げるのは、飯田泰之、荻上チキ『夜の経済学』(扶桑社)、浅野弘輔・佐藤弘和著、成瀬 功一郎監修『ソーシャルメディア クチコミ分析入門』(SBクリエイティブ)、イザベラ・バード『朝鮮紀行』(講談社学術文庫)、アレン・アイルランド『THE NEW KOREA』(桜の花出版)、ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー『日本の朝鮮統治を検証する』(草思社)などなどです。また、最後にも少し紹介されていますが、山形浩生さんが監修をしたポール・クルーグマンの『そして日本経済が世界の希望になる』(PHP新書)は好評発売中です!

ごぶさたです。さて、今回真っ先に紹介すべきは、なんといっても飯田泰之&荻上チキ『夜の経済学』(扶桑社)。これはおもしろい! フーゾクネタ、ワリキリ買春ネタ、デマの伝搬、さらには高学歴童貞問題といったお笑いから、生活保護ネタとそれに関連した、異様に他人に厳しい日本社会の分析まで様々だけれど、少数のサンプルでの思い込み議論や印象論、特定党派に媚びた主張を廃して、とにかくデータに基づいた話をしようという、きわめてまじめな本だ。そのためには、どうやってデータを集め、それをどう分析するかという方法論まで、おふざけっぽい書きぶりの中にきちんとおさめている。すばらしい。ぼくの勤め先でもいろんなデータ分析や社会動向解析を行うけれど、みんなこのくらいのレベルで分析ができたらなあ、とタメイキをつくことしきりだ。

夜の経済学
夜の経済学

そもそも、フーゾクの定義とその分類からしてびっくり。本書はフーゾクとはいっても、キャバクラとかは入っておらず、扱っているのは限りなく本番に近いところ。でも、昔よく耳にしたイメクラとかは入っていない。意外に思ったので、先日著者の飯田と会ったときにその話をきいてみたところ、規制のからみでいまはイメクラってのはなくて、そこらへんの説明もちゃんと注にあるから読め、とのこと。ネタのおもしろさだけで成立している本かと思ったらさにあらず。すべてかなりきっちり考えられた根拠のある議論だ。扇情的なようで、実はそこから日本社会の現状にまで話がどんどん進む見事な本なので、下世話な興味の人も、日本の社会構造—特に貧困の連鎖構造—に興味がある人も、是非手にとってほしい。ついでに、データの取り方や社会分析手法のお手本としてもどうぞ。

この本の中で、デマの伝搬を扱った章がある。特に震災後に、どんな人がどんなデマを見聞し、信じたか、という分析。著者たちは、これをアンケート分析で行っている。でも、もちろんデータ収集と分析にはいろんな手法があって、いまは特にネット、特にツイッターやフェイスブック経由のデマ拡散がきわめて大きい。そして、その分析ツールも出てきている。それを解説した本がちょうど出ている。浅野弘輔・佐藤弘和著、成瀬 功一郎監修『ソーシャルメディア クチコミ分析入門』(SBクリエイティブ)。これは、ツイッターその他の分析を通じて、ある話題、ブランド名、キャンペーンなどの伝搬、拡散、衰退といった様子を具体的に検証する手法を説明したものだ。こういう分析は、多くの人がやりたいと思っているはずだけど、どこから手をつけていいかわからないというのが実情だと思う。

本書は分析の方法論を簡単に述べたうえで、それを行うための既存ツールの紹介とその使い方がメインの内容となっている。その意味で、ちょっと宣伝っぽい部分があるのは……まあ仕方ない。他にこうした具体的な手法やツールを説明してくれる本をぼくは見たことがない。ただ、実際にここに載っているツールを深く使ったわけではないので、本書の記述が完全に妥当かどうかは断言できない。が、お試しでちょっとやってみるだけでも、なかなかおもしろそう。たぶんマーケティング関連の人は、仕事でいろいろ使えると思う(おそらくこの本の主な読者は、そのマーケティング関連の人やネットでの炎上を恐れる会社の広報部向けという感じだ)。

炎上の元となるデマも、そして本当の話も、どのように伝搬して人口に定着するのか、というのはおもしろい問題ではある。ミーム仮説のように、みんなに広まる強いミーム(ざっくり言えば物語やニュースの元となる遺伝子のようなもの)があって、それがウソホントを問わず普及して定着するという話は、おもしろいけれど(この考え方をおもしろく展開した本としては、スーザン・ブラックモア『ミーム・マシーンとしての私』[草思社、上下]などをどうぞ)、やはり堂々巡りに陥りかねない。じゃあどんなミームがどのような形で広まるんですか、というのがぼくたちには興味あるところなのだ。

ここらへんはなかなかむずかしいし、遺伝子と同じで必ずしも論理的ではなく、偶然の要素も実に多い。でもいったんあるものが定着してしまうと、それがそのサークルの中で何度もなんども繰り返し使われ、さらに定着が進む、という構図ができてしまう。ウィキペディアは、ちゃんとしたソースがない記述をしてはいけないのだけれど、しばしばいい加減な憶測や執筆者の思い込みがソースなしで書かれ、それをうっかり読んで鵜呑みにした人がどこかの記事などでそれを書いてしまい、するとそれをソースとしてウィキペディアの項目が確定し……というような具合。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m_um_u 夜の経済学、つあったの高学歴セックスうんたらのひとたちが読んで感想言わんやろか(あとはきちんとしたソースについての雑駁) 第23回  4年以上前 replyretweetfavorite

maeQ “第23回  他2コメント http://t.co/WKg72IAZsc 4年以上前 replyretweetfavorite

maeQ “第23回  他2コメント http://t.co/WKg72IAZsc 4年以上前 replyretweetfavorite