晩酌歳時記

第三十五回・衣被

去年買ったシャツに袖を通したら若干腕が上がりにくい……瞬間思ったのは「天高く我肥ゆる秋」。そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。里芋といえば煮っころがしがポピュラーですが、ごま塩でシンプルにいただくのもおいしいですよ。

衣被・きぬかつぎ—小さい里芋を洗って茹でるか蒸すかして、半分だけ皮を剥ぎ取った食べ物。上部にごま塩などをつけて、残りの皮から中身を押し出すようにして食べる。呼び名は平安時代の女性が外出時にまとったという「衣被ぎ」に因む。

 毎年必ず一回は作るけど、二回以上は作らない食べ物、それが衣被です。もちろん、食べたいから作るわけですが、里芋をきれいに洗うのってけっこう面倒くさいんですよね。普通のサイズだったらまだしも、小さくてコロコロしたのを一個一個洗っていると、それだけで二十分くらい経ってしまう。
 だったら大きいのを洗って、皮を剥いて、一口サイズに切っちゃえばいいじゃん、と思うでしょ。はい、数年前に試しました。皮を衣に見たてているのだから、それじゃ「衣被」にならないわけですが、私としては食べておいしければそれでよい。ところが、やっぱりダメなんです。まず皮を剥いた状態で蒸すと、里芋のヌメヌメが蒸し器全体を覆い尽くしてしまう。里芋本体も蒸気でベッタリ、あのほこほこした食感が楽しめない。芋の味も、大きいやつは若干えぐいというか、小さいのとはちょっと違うような気がします。
 蒸した後で半分だけ皮を剥ぎ取るというのも、なかなか技術が要るようで、私はあまり成功したことがありません。皮と一緒に中身を押し潰してしまったり、皮がブチブチ切れてしまったり。料理書によると、蒸す前に外側からぐるっと一周切れ目を入れて、上部を指でつまんで剥ぎ取る、というのがセオリーなのですが、火加減の問題でしょうか。
 ちなみに今年は天と地を包丁で落として、指と口でくるっと皮を剥ぎ取りながら食べるというやり方を試してみました。だから、下に載せた写真も、あまり正しい衣被とは言えません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mayanomi 蒸したホコホコの里芋(衣被)にアンチョビバター…うおお旨そう…!正しさなんて、美味しさの前には霞みますなあ… 4年以上前 replyretweetfavorite