バブ夫、漢気あふれる・・・?#14

ひょろ~んと1本だけ長い毛、どこかにありますか?
発見すると嬉しいような、恥ずかしいような・・・。

この毛をめぐって、バブ夫さんの漢気が、発揮される(?)。

2話目は義母、バブ夫さん溺愛の巻~!

漢と書いて「おとこ」と読む byバブ夫!

福毛って知ってますか?
1本だけヒョロ〜と伸びる毛のことで、福を呼ぶという説もあるやつです。

私は左乳にポジディブに狂ってしまった毛穴があり、1本天高く伸びる元気なやつがいるんですが、まさかヘソにもあるとは知らんかった。
知らぬまま36年生きていました。
ヘソは風呂でササーっと体を洗うついでにスポンジで擦って洗っていたのですが、肉に埋もれて保護されていたんでしょうね・・・。
とんでもなく長いやつが棲息してました。
ヘソから伸びる異様な毛。

この毛を抜いた瞬間、私の軸がバラバラになり不幸になるのでは・・・と想像して震えてたら、ダンナが毛抜きで一気にブチン!!
私のヘソ福毛の効果なのか「俺が幸せにしてやるよ!!」と今まで聞いたことの無いセリフが聞けました。

それ以降、ただの1回もそのような言葉を聞いてないので福毛効果はもうお亡くなりになったものと思います。
ちなみにわたしの友達は「あなたでも、バブ夫さんでもなく、汚い腹毛を抜くのに毛抜きを貸した自分にこそ福があるべき。」と言ってます。
ホントにこの世は醜いですね・・・!!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大盛のぞみさん、既刊本。どクズ彼氏列伝、ラブホの清掃バイト、昔の痛いファッションetc…ほっこり下品な闇歴史、大幅加筆修正&新ネタも収録!

この連載について

初回を読む
うちのバブ夫は様子がおかしい

大盛のぞみ

漫画家・大盛のぞみさんの夫は体重90~100キロの巨漢にかかわらず、かわいいもの、キラキラものが大好き。赤ちゃん返りが激しく、現在も進行中。心は思春期女子ですが、行動は爺さんかおばさんなのか、はたまたおっさんか? そんなバブちゃん夫の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha 腹毛のオチにふいたw 18日前 replyretweetfavorite