風立ちぬ』が示す4つの視点から幸せな夫婦のあり方について考える

光文社新書noteの大好評を博した、早稲田大学・森川友義教授の連載が光文社新書として発売になりました。この書籍化を記念して、cakesでも全文公開します! 9作目は、ジブリ映画で有名になった堀辰雄の『風立ちぬ』。これはドロドロしてもなければ胸を焦がすような恋愛が描かれているわけではありませんが、夫婦のあり方についてとても深いヒントのある作品でした。『風立ちぬ』編、感動の完結!

(前回からのつづき)

①夫婦関係が長期的でない

『風立ちぬ』の場合、二人の関係は短期的なものでした。最初に出会った1933年夏から節子が亡くなる1935年12月までですので、だいたい2年半という期間です。恋愛バブルはピークを迎え、幸福感が逓減することもありませんでした。節子の死が目前に迫ることを知っている「私」は、彼女が生きている間、全力で愛そうとします。後悔することのないように、できる限り幸福でいようと努めたわけです。

『風立ちぬ』においては、第一にこの期間が短かったという事実を明確にしておきたいと思います。もし二人の関係が長かったら、言い換えると恋愛バブルがはじけた後だったら、このような幸福な関係をずっと維持できたかは疑問です。

この点は、現代の夫婦が直面している切実な問題です。日本人の結婚生活が必ずしも幸福ではない最大の理由であるかもしれません。

なにしろ結婚後の夫婦生活がたいへん長い。現在は人生100年時代と言われている時代であり、平均寿命は男女ともに80歳を超える世界有数の長寿国になっています。平均初婚年齢はだいたい30歳くらいですから、50年以上も一人の配偶者をずっと愛さなければならない。恋愛感情が数年程度しか続かない前提に立てば、愛情がともなわない夫婦関係を非常に長い間維持しなければならないわけです。結婚当初は幸福に感じたとしても、20年後、40年後も同じように幸福でいられるかはたいへん難しいと言わざるをえません。

歴史的には、そもそもわたしたちの祖先の寿命は、明治時代を迎えるまでは長い間40歳未満でしたので、夫婦関係の継続はそれほど難しくありませんでした。厳しい環境下で食料不足が生じやすく、医学の未発達による幼児死亡率の高さから、平均寿命がこれほどまでに短かったのです。恋愛に関して言えば、夫婦関係が成立してから10~15年でその関係が終わっていました。したがってわたしたちの祖先は「この人と関係を持って、恋愛が長続きするのか」とか、「老後も一緒にやっていけるのか」などと考える必要がなかったのです。

その後、寿命は徐々に延びてゆきます。戦国時代の織田信長は「人間五十年、下天の内を比ぶれば、夢幻の如くなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか」と好んで謡ったと言われていますが、これは16世紀に平均寿命が50歳だったというわけではなく、むしろ50歳まで生きる人は例外的長寿でした。

戦後間もない1947年の時点で、ようやく男性の平均寿命が50歳、女性は54歳になります。その後、高度経済成長期を経て日本人の食生活が豊かになり、健康への意識の向上、医療の充実などにより、平均寿命は急速に延びてゆきました。それにともない、夫婦間の「幸福」な関係を維持するには、ますます不断の努力が必要になってきたわけです。

②愛情を「五感」で伝える

ここからは、夫婦の幸福を醸成する具体的な手段について考えます。まず大事なのは、五感を使ってお互いの愛情を表現することです。「私」と節子はこれを照れることなく実行しています。

本書を通じて、恋愛の手順としては「五感」があると幾度も述べてきました。最初に視覚 があって、次に聴覚、嗅覚、触覚、最後にキスに至る味覚といったように、恋愛感情が高まるにしたがって、段階を踏んで愛情表現も豊かになっていきます。

幸福な夫婦関係には、この愛情表現が不可欠です。肉眼で見る、会話をする、至近距離にいてにおいを嗅ぐ、身体に触れる、キスをするという5つの過程を体験することが、恋愛が満たされている状態です。

「私」と節子の関係もまさしくこの5つの感覚の交換が十分に行なわれています。図9-2をご覧ください。『風立ちぬ』の中にある五感に関わる描写を抜き出してみました。

視覚的には、つねに二人は一緒にいて互いを見ています。しばしば見つめ合っていますし、微笑んでもいます。聴覚的にも相手に自分の愛する気持ちを伝えています。わたしが今幸せなのはあなたのおかげである、というメッセージを恥ずかしがらずにきちんと言語化していることが重要なのです。

嗅覚的にも、二人の相性の良さが伝わってきます。なにしろ「好い匂いのする存在」なのですから。触覚・味覚的にも二人は緊密です。お互いの手をとり合ったり、肩を寄せ合ったりしていますので、つねに身体のどこかを触れ合っています。またキスもことあるごとにしています。相手のことがどれだけ好きかを、全身を使って表現しているのです。

たとえば「今日はなんだか見知らない薔薇色の少女みたいだよ」というように、相手を褒めることは大事な行為です。「私のそばから離さない」ことも、「いきなりお前の手をとった」り、「額にそっと接吻」することも重要です。結婚生活が長くなってくると、徐々にキスをする回数が減り、セックスレスになり、手をつなぐことも体臭を嗅ぎ合うこともなくなり、会話も減少してゆきます。さらには笑顔を交わすことさえ減ってゆきます。ですから、「私」と節子のように、五感的に愛情を表現することは、夫婦関係の継続のためには極めて重要なのです。

③「補完的関係」を構築する

次いで、お互いが与え合う関係が不可欠である点です。

『風立ちぬ』の中の「私」と節子は愛し合い、与え合い、精神的に支え合っています。「私達はお互に相手の気持ちをいたわり合う」とありますので、二人の精神的な交換がスムーズに行なわれていることがわかります。

『風立ちぬ』で目を引くのは、自分が節子に与えている質量に「私」が満足していない点です。それは「私」の次の言葉に端的に表れています。

「おれは何んだかいまのような生活がおれの気まぐれなのじゃないかと思ったんだ。そんなものをいかにも大事なもののようにこうやってお前にも……」 (『風立ちぬ・美しい村』、153頁)

「私」は一緒にサナトリウムに住んでいるし、節子に限りなく与えているのですが、自分ではまだ足らないと感じているのです。すばらしく深い愛ではありませんか。

節子の方も「私」から与えられるばかりではありません。できる限りの努力をしています。たとえば第4章「冬」では、節子が病気でありながら、「私」の帰りを外に出て待っている 描写があります。病弱な節子も「私」に何を与えられるのか、つねに考えている様子が浮かび上がってきます。

このように、幸福な関係には与え合うこと、つまり相互補完がもっとも重要です。この場合、与え合うものは、同じものの重複ではなく、足りないものを補い合う「補完」が最適でしょう。自分にないものを相手からもらい、自分のもつものを相手に与えてシナジー効果を期待するのが夫婦間の理想とすべき関係です。「いろいろあっても、この人がいないと結婚生活が成り立たない」という関係を構築できれば、二人は楽しく一緒にいることができます。「おしどり夫婦」と呼ばれる人たちは、きっとそんな関係が築けているのだと思うのです。小説中の言葉で表現すると、「一生の間をどれだけお互に幸福にさせ合えるか?」ということです。

相互補完は双方向であることとともに、同じくらいの質量の交換が行なわれることが理想です。もし一方にメリットがたくさん存在して、他方には少なかったら、少ない方は不満に思うことでしょう。徐々に距離をおき、最終的には与えることを止めてしまいます。メリットが二人にとって大きく、お互いがいないと存在しえないような関係になると、理想的な幸福状態となることができます。

いかに相手から「奪えるか」ではありません。それは愛ではありません。相手を愛するとは相手にいかに「与えるか」です。たとえば年収を増加させるでも、料理のレパートリーを広げるでも、健康の知識を増やすでもなんでも構いません。愛の基本は相手が欲しているものを与えることです。

④減点制から加点制へ変換する

続いてのポイントは「加点制」の導入です。

通常、夫婦関係が長くなると、相手への期待値が上がり、評価は「減点制」になってゆくものです。食事を毎日つくってくれる、汚い衣服は洗濯かごに入れれば洗ってくれる、部屋はいつも片づいているといったことから、給料は月に一度必ず振り込まれる、遅くまで家族のために残業をする、一年に一度は二人で旅行するといったことまでが日常化すると、相手に対しての感謝の気持ちはしだいに薄れていかざるをえません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

作家・鈴木涼美さん推薦!

この連載について

初回を読む
恋愛学で読みとく文豪の恋

森川友義

名だたる文豪たちが小説に描いた恋ははたして「アリ」なのか? 恋愛学を提唱する著者が科学的に分析し、考察する。漱石が描く片想いは納得いかないし、川端康成は処女にこだわりすぎで、 三島由紀夫は恋愛描写が下手!? 従来の文学研究にとらわ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません