おいしさを逃さない、ソーセージの加熱方法

今回は、「ソーセージの加熱方法」をご紹介します。肉汁を逃さず、よりおいしく仕上げるには? 様々な種類があるソーセージですが、どのような商品を選ぶのが良いのかも合わせて解説します。

今日はリクエストにお答えして「ソーセージの加熱方法」を考えます。ソーセージは肉を刻み、塩を混ぜ、豚腸や羊腸などの袋に詰めたもの。ソーセージの袋には微生物の増殖を抑え、肉汁を閉じ込める役割があります。ソーセージには生ソーセージと調理済みの二種類がありますが、今回掘り下げるのは一般的に入手できる後者。

ボイルドソーセージ

材料

ソーセージ…食べる分だけ
マスタード…適量


1.鍋にたっぷりの水を入れ、火にかける。75℃(鍋底から泡が上ってくる寸前)になったらごく弱火に落とし、ソーセージを入れる。豚腸タイプで8分、羊腸タイプで3〜4分が目安。

2.引き上げてマスタードを添える。


ソーセージの種類と加熱方法

後ほど焼き方もご紹介しますが、ソーセージの肉汁を逃さず焼くのは難しいので、ボイルがおすすめです。

ソーセージには様々な種類があります。JASの規格の分類によると

羊腸を使用したウインナーソーセージ
豚腸を使用したフランクフルトソーセージ
牛腸を使用したボロニアソーセージ

などがあり、今回はウインナーソーセージとフランクフルトについて解説します。なお、この分類は名称の由来となった地名の製法とは無関係で、日本独自のもの。細くて小さいものが羊腸で、太めが豚腸と憶えてください。

さて、どんな商品を選べばいいか、という問題が出てきますが、そのヒントはパッケージに記載されていることも。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fwbc1965_3 #スマートニュース 13日前 replyretweetfavorite

junkoike_sake ソーセージ、食べたい。いま。 17日前 replyretweetfavorite

SRG_prl これのやり方でボイルしたウインナー食べてる、確かにおいしい https://t.co/oWWGRqmYrS 17日前 replyretweetfavorite

KWRZKRK 茹でるのが一番美味しいと思っていたけど、出汁が出た茹で湯がもったいたく感じてた。 17日前 replyretweetfavorite