ポジティブシンキングに疲れたら、最底辺で行こう。

超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』が、ベスト版として書籍化! 新刊『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』の発売を記念して、cakesで全文公開します。考えすぎてしまうあなたの背中を押す、61話+αを配信予定。今回は、第2章「悩みと戦ってはいけない」よりお届けします!

私が弱気になったとき、紙に書いて貼り出し、声に出して唱えてきた大切な詩があります。宮沢賢治の「雨ニモマケズ」です。

雨にも負けず、風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けぬ、丈夫な体を持ち、欲はなく、決して瞋(いか)らず、いつも静かに笑っている。一日に玄米四合と、味噌と、少しの野菜を食べ、あらゆることを自分を勘定に入れずに、よく見聞きし分かり、そして忘れず、野原の松の林の陰の小さな萱葺(かやぶ)きの小屋にいて、東に病気の子どもあれば、行って看病してやり、西に疲れた母あれば、行ってその稲の束を負い、南に死にそうな人あれば、行って怖がらなくてもいいと言い、北に喧嘩(けんか)や訴訟があれば、つまらないからやめろといい、日照りのときは涙を流し、寒さの夏はおろおろ歩き、みんなにデクノボーと呼ばれ、褒められもせず、苦にもされず、そういうものに私はなりたい。

学生時代も、僧侶になってからも、批判されたり中傷されたりしたときはいつもこの詩を唱えてきました。特に他人からの評価が気になってしまうとき、この詩に救われたものです。「私は愚かで最低のデクノボーだ。バカなんだからバカと呼ばれてもいい。でも、デクノボーであっても生きている以上、自分ができることはちゃんとやろう」 そうやって自分を最低辺に置いてしまえば、どんなバッシングも気にならなくなります。

「そう、あなたの言うとおり。私は最低ですよ」「おっしゃるとおり、私は愚か者です」と受け流せるのです。 もともとどん底にいるのですから、それ以上落ちることもありません。デクノボーなりにコツコツできることを続けていくのです。

法華経というお経の中に、常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)という菩薩様が登場します。他人からの批判や誹謗中傷に決して反論することなく、腐ることもなく、淡々と自分の修行をやり続けたという菩薩です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「悩み」の出口は、目の前にある。

この連載について

初回を読む
人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」

大愚元勝

「生きるのがラクになった」「悩みがなくなった」と大評判! いま最も視聴されている超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』のうち、最も人生を変えうる動画をセレクトして書籍化しました。「考えすぎてしまい、行動できない…」「同じ失...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawac 最下級作業員としては、非常にしっくりくる教え。 - 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 |大愚元勝 @Taigu_gensho |人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」 https://t.co/mmp7fWhTyx 約2ヶ月前 replyretweetfavorite