欲望のエネルギーを目標に向けると、追い風が吹いてくる。

超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』が、ベスト版として書籍化! 新刊『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』の発売を記念して、cakesで全文公開します。考えすぎてしまうあなたの背中を押す、61話+αを配信予定。今回は、第2章「悩みと戦ってはいけない」よりお届けします!

「お酒をやめたい」という男性から相談を受けたことがあります。アルコール依存症は病気ですから、専門の医療機関の診断も受けたそうです。病院では「禁酒しなければならない」と言われ、それは本人もよくわかっているのですが、仕事が終わるとすぐ飲むし、飲みすぎて入院することもある。やめようとしているのにやめられない。だから、困っていたのです。

仏教には戒律、つまりルールが定められています。その中に、「不酤酒戒(ふこしゅかい)」つまり「お酒を飲むな」というのがあります。なぜ修行僧がお酒を飲んではいけないかといえば、クリアな意識を保つためです。仏教は、とにかく慈悲心と知恵を大切に守り育む教えですから、意識が汚れたり、濁ったりして、理性的な判断ができなくなることを徹底して嫌います。では、お酒がやめたいのにやめられない人は、何が問題なんでしょう?

問題は、「酒を飲んでいる自分」と戦っていることなんです。「酒をやめよう」と自分に強く言い聞かせるほど、もっとお酒を飲みたくなります。なぜなら人間は、強い意志で何かを乗り越えようとすればするほど、厄介なことにその制約への対抗意識を強めてしまうからです。

お酒に限った話ではありません。タバコ、ゲーム、ギャンブルなどをやめようと思い、自分に禁じれば禁じるほど、そちらの方向へエネルギーが集まってしまう。「やってはいけない」と言われることは大概やってきた私が言うんですから、間違いありません。

禁止されればやりたくなるという人間の性質に、正面から向かっていったら、逆効果で余計にやめられなくなります。禁じられて我慢して我慢して、それでも耐えられなくて飲んだお酒は強烈においしいので、その中毒性にますますやめられなくなる。悪循環です。

だから、禁酒をやめるのです。誤解しないでほしいのは、「気にせず、どんどん飲んじゃってください!」という話ではないこと。「やめたいこと」をしたくなったら、その代わりに「やりたいこと」に取り組むのです。あなたが本当に望んでいることに、欲のエネルギーを振り替えるのです。

たとえば、たるんだお腹を引き締めるために走る。まだ読んでいない本を読む。パソコンのブラインドタッチをマスターする。欲に対する興奮は、ピークを超えてしまえば収まってきます。

本来お酒が飲めない私ですが、二〇歳の頃にお酒がやめられなくなったことがあります。空手の試合で小さなタイトルを獲った後、「次の試合はもっと順位を上げなければ」というプレッシャーから、寝つきが悪くなったのです。体を休ませなければ怪我や事故につながるので、強いお酒の力を借りて眠っていたら、それが習慣になってしまったんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「悩み」の出口は、目の前にある。

この連載について

初回を読む
人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」

大愚元勝

「生きるのがラクになった」「悩みがなくなった」と大評判! いま最も視聴されている超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』のうち、最も人生を変えうる動画をセレクトして書籍化しました。「考えすぎてしまい、行動できない…」「同じ失...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません