トランプ大統領も驚きの武勇伝が沢山 ジョージ・ワシントン(上)

いつの時代も悩み多き「どう働くか」問題。経済記者のかたわら『人生で大切なことは泥酔に学んだ』(左右社)など執筆活動で活躍する栗下直也さんが書く偉人たちの働き方列伝。時代や個性に合わせた「働き方」が見えてくる!!!!

ジョージ・ワシントンは誰もが知るアメリカの初代大統領だが、多くの黒人奴隷を抱えた農園主でもあった。アメリカの初期の大統領は報酬がそれほど高くないため、自腹を切る者も少なくなかった。そのため、退任後に破産に追い込まれた者もいたが、「事業家」でもあったワシントンにカネの心配は無縁だった。

ワシントンが何をしたかを具体的に知らなくても、サクラの木の話は耳にしたことがあるだろう。ワシントンが子どもの頃、斧の切れ味を試そうとサクラの木を切ってしまう。父親は大事に育てていた木の無残な姿を前に、「この木を切ったのは誰だ」とワシントンに尋ねる。うそをつくことができないワシントンが自分がやりましたと打ち明けると、父親は正直な申し出に感激し誇りに感じたという有名なエピソードだ。

知っている人も多いかもしれないが、この逸話は事実ではない。つくり話である。

サクラの木の逸話は、ワシントンの死後、パーソン・ウィームズという作家が書いたワシントンの評伝の中で紹介されている。興味深いのは初版にはこの記述はなかったことだ。ベストセラーになり、版を重ねると、5版の時に突如としてこの逸話が登場する。

当時、アメリカは国として船出したばかりで、英雄が必要だった。独立戦争の立役者で初代大統領になったワシントンはまさに国民的英雄にうってつけの存在であった。

ワシントンの偉業となれば少しばかりのねつ造も問われなかったのだろう。

正義感が強い偉大な政治家をわかりやすく描くために、この本には「そんなことありえないだろ」的なエピソードも盛り込まれている。例えば、ワシントンが対岸が見えないような川の向こう岸に石を軽々投げたとか、ライフル銃で17回撃たれたが、倒されなかったとか、ドナルド・トランプ大統領ですらドン引きするようなトンデモな逸話が満載だ。

つくり話のサクラの木の逸話も、さらに進化していく。先に挙げた本とは別の本では、サクラの木を切り倒したのは黒人の少年で、彼が切り倒したと申し出たらムチ打ちの刑にされると懸念したワシントンが身代わりになる。神様、仏様、ワシントン様の世界である。

こうした評伝の力もあり、ワシントンは「建国の父」として人気が高い偉人のひとりだ。歴代の合衆国大横領の格付け調査でもエイブラハム・リンカーンやフランクリン・ルーズベルトなどと上位を常に争っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全酒好き必読!!!個性派偉人たちの爆笑泥酔ばなし27。福澤諭吉から平塚らいてう、そして力道山まで。

この連載について

初回を読む
偉人たちの仕事列伝 どのように働くか?それが問題だ

栗下直也

何の仕事をするかと同様にいつの時代も悩み多き「どう働くか」問題。自身も経済記者のかたわら『人生で大切なことは泥酔に学んだ』など執筆活動で活躍する栗下直也さんが、偉人たちがどうやって働いてきたかにスポットを当てます。時代や自分に合わせた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません