純猥談

​「最初っからこういう関係がお似合いだったってことよ。」

普通の恋人たちはある程度の期間付き合って一緒に住み始めてしばらくするとセックスすることがなくなったとか、異性として見れなくなったとか言うけれど、わたしたちは逆だった。セックスだけを残してそれ以外がまるっとなくなった。


バイト先のクズで有名な先輩が、セフレから昇格させた彼女が重くてまたセフレに戻った、と言っていた。ただしんどいだけじゃんね、と先輩が耳打ちしてくるのにわたしはわざとらしく大きく頷いた。


普通の恋人たちはある程度の期間付き合って一緒に住み始めてしばらくするとセックスすることがなくなったとか、異性として見れなくなったとか言うけれど、わたしたちは逆だった。

セックスだけを残してそれ以外がまるっとなくなった。
デートも外食も、いっしょにソファで映画を観たりすることもなくなった。

仕事が終わったらそれぞれご飯を食べて、家に行く。

三十分くらい無言でテレビを観たあとは、自然な流れでベッドに入りセックスをする。

お風呂に入って、すぐに眠って、朝はそれぞれの出勤時間に合わせてバラバラに家を出た。


そんな関係が半年くらい続いた頃だったと思う。

セフレの家に泊まった日、昼過ぎに起きてランチを食べに外に出た。
映画を観て、欲しいと言っていたサボテンを探しに行った。

「このまま今日も泊まる?」

「うん、そうする」

恋人といるときより恋人っぽいことをしてる、と思った。
だったら、恋人なんて名前はいらないんじゃないか、と思った。


「わたしたちさ、セフレになるのはどう?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RescueDose_RR 「最初っからこういう関係がお似合いだったってことよ。」| 16日前 replyretweetfavorite