染みてしっとり長持ち! 秋鮭の漬け焼き

今回ご紹介するレシピは、秋鮭を使った漬け焼きと、付け合わせのレンコンの酢漬けです。調理液に鮭を漬けておけば、当日でも翌日でも美味しく食べられます。味が染み込み、身がしっとりとした焼鮭は、ご飯が進むこと間違いなしです。

スーパーに「秋鮭」が並ぶ季節になりました。鮭は年中あるのに「秋鮭とはこれいかに」という感じですが、鮭には様々な種類があり、おいしく食べるには前知識が必要です。日本で流通している主な鮭をざっと挙げるだけで

春から夏にかけてのとき鮭(白鮭)
今の時期に産卵のために沿岸に戻ってくる秋鮭
ロシアやアラスカから輸入されている紅鮭
チリや日本の三陸沖などで養殖されている銀鮭
カナダやアラスカから輸入されているキングサーモン
ノルウェー産のアトランティックサーモンやトラウトサーモン

などがあります。産卵を控えた秋鮭は脂肪分が少なく、味はあっさり目。普通に塩焼きにするとパサパサしがちなので、漬け焼きにするのがオススメです。調味液に漬けるだけで身がしっとりとし、じんわりとした美味しさに変わります。今は新米の時期なので、炊きたての白いご飯と一緒にどうぞ。あしらい(付け合わせ)にレンコンの酢漬けを添えました。


鮭の漬け焼き

材料(2人前)

鮭 切り身…2枚
しょう油…50cc
酒…50cc
レンコン…150g(小1節)
酢…100cc
水…100cc
砂糖…大さじ3
塩…小さじ1
赤唐辛子…適量


1.レンコンは皮を剥き、大きいレンコンは半分に切り、1mmの薄切りにする。水で表面を洗い、たっぷりの熱湯で10秒茹で、冷水にとる。ザルなどで水気を切り、ボウルに酢、水、砂糖、塩、赤唐辛子を混ぜ合わせたもの(三杯酢)に2時間以上漬け込む。

2.鮭の切り身は冷水で洗い、キッチンペーパーで水気をふき取る。ビニール袋に入れて、しょう油と酒を加え、冷蔵庫で1時間以上置く(一晩置いても可)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません