やりたくない」 を無視すれば、「めんどくさい」はなくなる

超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』が、ベスト版として書籍化! 新刊『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』の発売を記念して、cakesで全文公開します。考えすぎてしまうあなたの背中を押す、61話+αを配信予定。今回は、第1章「停滞感を吹き飛ばせ」よりお届けします!

私はお坊さんとして修行生活を送っています。でも人間ですから、怠けたいときもあります。住職としての役割もありますし、会社の経営もしていますから、くたびれることもあります。

皆さんもそうじゃありませんか? 「やらなければいけない」と頭ではわかっているけれど、行動できない。何をやるのもめんどくさくて動きたくない……。最初の一歩が踏み出せず、行動に移せない人は、とっても多いみたいです。

「これじゃだめだ」と頭ではわかっているのに、なんとなくテレビをつけ、だらだらとスマホを眺める。大切な時間を浪費するばかりで、どんどん自分が嫌いになる。すると、手足を縛られたみたいに、ますます動けなくなる……。悪循環ですよね。

「嫌だな」って思っても、すぐ行動に移せば意外とできてしまうものです。行動に移すまでの時間が長くなればなるほど、そこにさまざまな感情が入り込んでしまって、行動できなくなります。もし、「何をどうすればいいのかわからない」「やり方がわからない」のであれば、すべきことと手順を明確にすべきです。

それでも動けないときは、感情や心を大切にしすぎているのかもしれません。現代人は特に、自分の考えや感情に重きを置きすぎている、そんな気がします。仏教に「身口意(しんくい)の三業(さんごう)」という言葉があります。私たちが日々どのように行動し、何を話し、そして何を思うか、その一つ一つを「業」と呼びます。生きるとは、 「身口意の三業」を毎日積み重ねることなんです。

ここで注目したいのは、三業の順番が「身→口→意」だということ。最初に「身」が来る、というこの順番こそ即座に行動するためのポイントなのです。「身→口→意」の順番ですから、まずは体から。心は優柔不断で、臆病者。頭は頑固で言い訳ばかり。あれこれ考えたり、文句を言う前に、行動を起こしてしまいましょう。

私たち人間は、人間である前に動物です。動物というのは「動く物」と書きます。行動するから、行動力が増していく。行動するから経験が積み重なって、心に自信と余裕が生まれてくる。体が先、心が後なんです。ここを勘違いすると、動きたいのに動けないというジレンマから、心がくたびれてしまいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「悩み」の出口は、目の前にある。

この連載について

初回を読む
人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」

大愚元勝

「生きるのがラクになった」「悩みがなくなった」と大評判! いま最も視聴されている超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』のうち、最も人生を変えうる動画をセレクトして書籍化しました。「考えすぎてしまい、行動できない…」「同じ失...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Chuck_euoni たしかに直感で動いた時の方が上手くいく気がする… 3ヶ月前 replyretweetfavorite