悩み」の出口は、目の前にある。

超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』が、ベスト版として書籍化! 新刊『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』の発売を記念して、cakesで全文公開します。考えすぎてしまうあなたの背中を押す、61話+αを配信予定。今回は、「はじめに」よりお届けします!

この本を手に取られたということは、きっと何か悩みを抱えているのでしょう。悩みというほどでなくても、漠然とした停滞感を抱えているかもしれません。もしそうなら、一つだけ断言できることがあります。今までのあなたのやり方を続けていては、何も変わりません。

例えるなら、窓にぶつかって外に出られない、ハエのようなものです。「このやり方しかない」と思って、一所懸命にガラスに突進している。何度も頭をぶつけて、「痛いよ」「苦しいよ」と泣いている。外に出ることに頭がいっぱいで、周りが見えていないんですね。

でも、朗報があります。窓は開いているんです。しかも、そこからほんの五センチのところに。目の前に出口があるのに、見えていないだけなんです。本人は気づきません。周りで見ている人には、窓が開いていることがわかります。親切心から、アドバイスしてくれる人もいたかもしれません。

あるハエは、五センチだけ左にズレてみました。すると、窓から外に出ることができました。別のハエは、五センチだけ後ろに下がってみました。すると、出口が見つかって外に出られました。

一匹だけ、ガラスにぶつかり続けているハエがいました。うまくいっていないのに、そのやり方から離れられない。「こうでなくてはいけない」という思い込みが強すぎるんです。その思い込みが、生きづらさをつくっているのにもかかわらず。「私はそんな愚か者じゃない!」なんて思うかもしれませんね。

本当にそうでしょうか? 気づいていないだけで、程度の差はあれ多くの人が、この愚かさのワナに陥っています。この先を読んでいただければわかりますが、私もそうでした。失礼を承知で申し上げれば、そうでなければこの本を手に取ったりはしません。

でも、大丈夫。愚かさを超えていく方法を発見し、伝えてくださった方がいらっしゃるんです。それが、お釈迦様です。苦しみの根本原因を明らかにした人、混迷から抜け出して真理に目覚めた人、そのような人をサンスクリット語でブッダ(仏)と呼びます。そのブッダの教えが仏教です。

仏教というと、お経やお葬式といった線香臭い宗教だというイメージがあるかもしれませんが、実際はそうではありません。悩みを手放して、自由に軽やかに生きていく具体的方法が伝えられているんです。漠然とした生きる苦しみから人間関係、そして仕事などの現実的な問題まで、すべてをカバーした世界最高の知恵、それが仏教です。

世界最高だなんて、言いすぎだと思うでしょうか? 私自身、お釈迦様の教えには本当に救われてきました。死んでしまいたいと思うような苦しみを、手放すことができました。私は事業家でもあるのですが、お釈迦様の教えに従うことで、幾度となく訪れたピンチを潜り抜けて、一つの事業グループを育てることができました(今は一線からは退いています)。

「仏教は実生活や仕事には役立たない」というイメージを覆したい。そして悩みや苦しみを抱えた皆さんに、お釈迦様の知恵で少しでもラクになっていただきたい。そんな思いで、六年ほど前にYouTubeで一問一答というチャンネルを始めました。皆さんから寄せられたお悩みに対して、お釈迦様の知恵と私の経験を交えてどのように解決できるのかをお伝えしていったんです。

誰にも相談せずに細々と始めたものですが、だんだんと広まっていき、二〇二〇年九月現在で二八万人もの方がチャンネル登録してくださっています。「生きるのがラクになった」「背中を押してもらえた」「人生が変わった」などの声をお手紙やYouTubeのコメント欄でいただいており、私がやってきたことは間違っていなかったのかな、と思っています。

さきほど、窓ガラスにぶつかっているハエの話をしました。お釈迦様の教えとは、自分が窓ガラスにぶつかっていることに気づき、開いている窓を見つけて、そこから出ていく方法です。

これは仏教でいう、執着を手放すということでもあります。何かに執着してしまうと、それしか見えなくなったり、物事の見え方が固定化してしまいます。視野が狭くなって大切なことを見落としてしまったり、ありのままに物事を見ることができなくなってしまうんです。そんな状態で、物事がうまくいくわけがありません。

身近な例として、ビジネスのことを考えてみましょう。「儲かりたい」とばかり考えていたら、目先のことばかりにとらわれて、せいぜい数百万円くらいしか儲けることができません。しかし、「人の悩みを解決したい」「人のお役に立ちたい」という視点にシフトすることができたら、視野がものすごく広がっていきます。

すると、どうなるか? 数億円のビジネスを育てていくことも可能になります。ウソではありません。私が経営指導をしていく中で、そういう飛躍的な成長を遂げていく人を何人も見てきました。視点のシフトというのは、行き詰まりや固定観念を打破する唯一の方法なんです。だから、アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズも、マイケル・ジョーダンを育てたフィル・ジャクソンも、仏教や禅に傾倒したんだと思います。

これはビジネスに限りません。人間関係、恋愛、結婚、科学や研究、そして個人の幸せなど、すべてに言えることです。「つらい」「苦しい」「嫌だ」とばかり考えていて、幸せにはなれませんよね。執着を手放し、視点のシフトを促していくのが、お釈迦様の教えであり、私のYouTubeの一問一答です。

一問一答では、最後に必ず処方箋を出しています。いい話を聞いただけで終わらないように、そして皆さんの生活の中で実践できるように、お釈迦様の知恵を基に具体的な指針を差し上げるようにしています。その処方箋こそ、実は窓ガラスにぶつかっているあなたに、たった五センチだけ横にズレていく方法をお伝えしているものなんです。

今回、一問一答を書籍化するにあたり、全約四五〇動画(二〇二〇年八月時点)で出してきた処方箋から、特に人生を変えうるものを選んでまとめたのがこの本です。一問一答のベスト版と言っても過言ではありません。

この本を読んだら、実際に五センチ動いてみてください。たった一つでもかまいません。実際に試してみてください。必ず人生が変わります。今いる場所から、大きく動く必要もありません。ほんの五センチ動くだけで、悩みの出口が見つかっていくんです。

一つだけ、コツをお伝えしましょう。意外かもしれませんが、思い切ってバカになること。そうでもしないと、今までの自分を捨てることはできません。一番ダメなのが、賢いフリをすること。いっそ、バカを突き抜けた「大バカ」になってしまいましょう。

この本を手に取ってくださったあなたには、仏教でいう求道心(ぐうどうしん)があるはずです。ぜひ、勇気を出して一歩踏み出してみてください。あなたが「悩み」の出口から脱出し、幸せな人生を歩んでいかれますように。

*本連載は、大愚元勝・著『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』(飛鳥新社)の一部を抜粋したものです。


「悩み」の出口は、目の前にある。

この連載について

人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」

大愚元勝

「生きるのがラクになった」「悩みがなくなった」と大評判! いま最も視聴されている超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』のうち、最も人生を変えうる動画をセレクトして書籍化しました。「考えすぎてしまい、行動できない…」「同じ失...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

juni_ca_wa_ii ふぅーん。 23日前 replyretweetfavorite

Hanayan1129t |人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」|大愚元勝|cakes(ケイクス) こないだ346くんが勧めてくれた人だな https://t.co/GFDGTQKbZX 23日前 replyretweetfavorite