定年後のおカネ#11】「貯蓄ゼロ」中高年のサバイバル術

自分の仕事と健康のことに加えて、脳裏をよぎるのが、「老後のおカネ、大丈夫かな」という不安にどのように向き合えばいいのでしょうか。

 「いつまで現役で働けるのか」「人生100年なんていうけど、いつまで健康でいられるのだろう」など、50歳を過ぎるといろいろなことを考える。自分の仕事と健康のことに加えて、脳裏をよぎるのが、「老後のおカネ、大丈夫かな」という不安である。

 50歳代無貯金の世帯は多い。金融広報中央委員会が毎年定期的に行う「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上世帯で貯蓄ゼロという世帯が、50歳代だと31・8%にも上っている(2017年)。そこそこの給料をもらっているとしても、55歳で役職定年になったら3割減給だ。子供が完全に独立していればまだよいが、大学生で学費負担が続いていたら、貯蓄をするチャンスはなくなる。

 こうした崖っ縁の中高年世帯は、どうすればいいか。まず検討するべきは、妻が専業主婦なら働きに出てもらうことだ。パート収入が年100万円もあれば、全額貯蓄に回すことで10年間で1000万円も貯めることができる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません