ママ友

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第2章 シングルマザーの 決意

【モチベーション】 ママ友に振りまわされない

子どもが生まれてから、お母さん同士の付き合いがはじまる人は多いと思います。幼稚園の同窓会は、子どもが小6になるまで毎年開催されましたし、洗足学園小学校(神奈川県川崎市)の同窓会も、子どもが20歳になるまで毎年開催されました。
私は、可能な限り集まりに参加して、幹事の当番が回ってきたら、断らずに引き受けてきました。

個人的にお付き合いしているママ友はそれほど多くありませんが、子育ての悩みを自分ひとりで解決するより、同じようなことで悩んでいる人と話せることが心強い部分もありました。
そのなかの数人とは今も仲良くお付き合いしていて、離婚してからも子どもの成長を語り合ってきた仲です。

そういう友だちは、私が離婚したことをわざわざ話題にすることはありません。離婚の原因や元夫の職業などもあれこれ聞いてきません。  
そのようにお互い一定の距離を保ちつつ、それ以外のことは何でも話せる友人がいることは、本当にありがたいと思っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません