すきま時間の有効活用

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第2章 シングルマザーの 決意

【取捨選択】 「すきま時間」を最大限に使う

子育ては時間との闘いです。これは、両親共働きでも、シングルでも同じなのではないでしょうか。
時間に追われてばかりいると気持ちの余裕がなくなります。「あれもやらなきゃ」「これもまだ終わってない」と気持ちばかり焦って、一日が終わる頃には倒れ込むようにベッドイン。シングルになってからそういう生活がずっと続きました。

それでも、一日のスケジュールのなかには意外とムダな時間があります。  
たとえば、子どもが習いごとのサッカーやスイミングをしている時間。その施設で待っているお母さんやお父さんもたくさんいましたが、私は子どもたちを車で送っていくだけで、その間に夕飯の買い物に行ったり、カフェでコーヒーを飲みながらパソコンで作業をしたり、少しでもすきま時間を活用していました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません