父は安土の城に殉じました」|もっこすの城 熊本築城始末

熊本城に生涯を賭した築城家の一代記、感涙必至の戦国ロマン!
藤九郎、わしと一緒に日本一の城を築いてみないか――。

織田信長の家臣・木村忠範は本能寺の変後の戦いで、自らが造った安土城を枕に壮絶な討ち死にを遂げた。遺された嫡男の藤九郎は家族を養うため、肥後半国の領主となった加藤清正のもとに仕官を願い出る。父が残した城取りの秘伝書と己の才知を駆使し、清正の無理な命令に応え続ける藤九郎――。戦乱の世に翻弄されながらも、次から次に持ちあがる難題に立ち向かう藤九郎は、日本一の城を築くことができるのか。

もっこすの城 熊本築城始末 好評発売中! https://amzn.to/34hmzIN

第一章 蛇目紋の家


尾張おわり国愛知郡中村なかむらには、これまでにないほどの人が集まっていた。

 四半里(約一キロメートル)は続いているかと思われる列の最後尾に並びつつ、藤九郎は後悔し始めていた。

 ──この人数では、仕官などとても無理だ。

 だが藤九郎は、石にかじりついてもこの機会を逃したくなかった。

 ──仕官せねば、一家は食べていけない。

 青々とした水田を眺めつつ、藤九郎は甲賀の里で畑仕事にいそしむ母や弟妹ていまいのことを思った。

 安土城が落城した時、父の指示に従い、持てるだけの家財を持ち、いち早く逃げ出したのが幸いし、一家はそろって甲賀にたどり着いた。後で聞いた話だが、逃げ遅れた者たちは火事に巻き込まれるか、明智勢に略奪されるかして、散々な目に遭ったらしい。

 だが甲賀に着いてからもたいへんだった。当初は親戚しんせきの家に身を寄せたものの、長居はできない。そこで母は小作となり、藤九郎と共に泥にまみれながら農作物を作った。それでも一家四人が食べていくのはやっとで、稗粥ひえがゆをすすり、芋をかじるようなぎりぎりの生活を強いられた。

 そうした生活から脱するには、武士になるしかない。

 ──待っていてくれよ。

 空は晴れわたり、とんびが数羽、のんびりと飛んでいた。


天正てんしよう十五年(一五八七)五月、豊臣とよとみ秀吉は長年の仇敵きゆうてきだった佐々成政さつさなりまさ肥後ひご一国五十四万石を与えた。かつて成政は越中えつちゆう一国七十三万石の大身だったが、賤ケ岳しずがたけの戦いで柴田勝家に味方し、小牧こまき長久手ながくての戦いでは織田信雄・徳川家康とくがわいえやす陣営にくみしたため、秀吉によって改易に処され、御伽おとぎ衆に加えられていた。ところが成政を側近く使ううち、秀吉は成政が優秀なことに気づき、肥後一国を預けることにしたのだ。

 秀吉はこの時、「肥後の国衆はうるさいので、三年間は検地をせず、融和策を貫くように」と、成政に申し渡した。しかし肥後に赴任した成政は自らの蔵入地(直轄領)がないため、家臣たちに知行を割り振れない。そこでひそかに検地に着手した。

 ところがこれに反発した国衆は反乱を起こし、成政だけでは鎮圧できなくなる。これを聞いた秀吉は、この時に行われていた北野大茶湯きたのおおさのゆを中止にし、九州諸大名に出兵を命じた。

 二万余の軍勢に踏み込まれては、いかに屈強な肥後国衆でもひとたまりもない。瞬く間に反乱国衆や同調した百姓一揆いつきは鎮圧された。

 降伏してきた国衆を次々と斬首ざんしゆ刑に処した秀吉は、喧嘩けんか両成敗のおきてから、成政に切腹を命じた。これにより佐々家は、肥後入国から一年と経ずに改易となった。

 乱の鎮圧後、秀吉は黒田くろだ孝高よしたか浅野長政あさのながまさ加藤清正かとうきよまさの三人に二万の兵を付けて肥後に派遣し、検地を執り行った。

 しかし新たな問題が持ち上がった。成政の改易があまりに突然だったので、肥後一国を治められる適任者が見当たらない。そこで秀吉は子飼い家臣の中から抜擢ばつてきすることにした。

白羽しらはの矢が立ったのは、加藤清正と小西行長こにしゆきながの二人だった。

 秀吉は肥後を二分し、北半分を清正に、南半分を行長に与えた。清正が十九万五千石、行長が十四万石余である。もつとも行長には父祖から引き継いだ交易の利権があるため、財政的には清正よりも余裕があった。

 一万石から十四万石の主となった行長も大きな加増を受けたことになるが、それまで三千石の知行しかもらっていなかった清正は、おおよそ六十五倍もの知行を得たことになる。

 この時、行長は三十一歳だが、清正は二十七歳にすぎず、その年齢からしても、まさに古今未曽有ここんみぞうの出頭となった。

 それまでの清正は、三千石の知行で百七十人の家臣を養っていた。足軽・中間ちゆうげん・小者を含めても、一千人にもならない。そこで清正は、故郷の尾張で武辺者や何かに長じた者を家臣として召し抱えた上で肥後に行くことにした。

 故郷中村で行われた募兵考試には、各地から浪人たちが押し寄せてきた。


 やがて田園が途切れ、藤九郎の並ぶ列は町屋の連なる一角に入った。

 藤九郎のいる位置からも、ようやく考試の行われている会場が見えてきた。

 考試と言っても、それほど難しいことを求められているわけではない。武士ならばやりさばきや鉄砲の弾込めをやらせてみて、その練度で採用の可否を決める。また、それまでの経歴や経験も勘案され、それによって知行高が決まる。

 一方、吏僚の場合は算盤そろばんの速さを競わせるわけにもいかないので、自己申告による経歴が重視された。もちろん嘘を言っていれば、肥後に行った後に放逐ほうちくされるので、虚偽申告する者はいない。

 考試場の中からは「えい」「やあ」という気合が聞こえるので、どうやら槍の試技が行われているらしい。

 ようやく入口付近に達すると、武技を見せる者と吏僚希望者に分けられた。

 もちろん藤九郎は吏僚の列に並んだ。

 考試の場には砂利じやりが敷き詰められており、広縁の上に座した役人が、広場に拝跪はいきする仕官希望者に、様々な問いを発している。

「分かった。仕官を許す!」

「せっかくご足労いただいたのだが、お雇いできぬ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
もっこすの城 熊本築城始末

伊東潤

熊本城に生涯を賭した築城家の一代記、感涙必至の戦国ロマン! 藤九郎、わしと一緒に日本一の城を築いてみないか――。 織田信長の家臣・木村忠範は本能寺の変後の戦いで、自らが造った安土城を枕に壮絶な討ち死にを遂げた。遺された嫡男の藤...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません