純猥談

君はもっと色んな、悪い男に抱かれた方が良いよ。」

悪かったわね、純情で。心の中で啖呵を切ったのももう数年前になる。 あの人が言った通り、その後私は色んな男に抱かれて、 色んな想いに折り合いをつけて笑える大人になった。


悪かったわね、純情で。

心の中で啖呵を切ったのももう数年前になる。 あの人が言った通り、その後私は色んな男に抱かれて、 色んな想いに折り合いをつけて笑える大人になった。


出会ったのは二十歳の頃。
勉強漬けの日々が終わって大学生になり、突然“自由な時間”に投げ出された頃。

自分のやりたいこと、好きなことを何だってやっていいと急に言われても、 何をしたらいいのか分からなかった。

酒を飲み、なんとなく煙草を吸って、好きな音楽をただ聴いていた。 クラブに行き始めたのもその頃だった。

自分のiPod classicに入っていない、20年近く昔の音楽で各位に踊る人々。 スピーカーから身体に響く低温、きらきらと回るミラーボール。

違う世界に住んでいる人とでも、1度乾杯してしまえば友達になれる異空間。 知らなかった世界に一気に出会えてしまう場所。

ハマってしまうのに時間はかからなかった。


仲間内でのたまり場になっていたミュージックバーで飲んだ後、 バーの常連さんたちと皆でオールナイトのイベントに遊びに行くことになった。

細身で背が高くて、いつもヘラヘラ笑いながらレコードでハウスをかけている10歳上の酔っ払いもそこにいた。

いつも適当なことしか言わないように見えて、音楽の知識に関しては膨大で、掴みどころがない分もっと中身を知りたくなる。何より選曲が良い。

最初は単なる興味だった。

初めて足を踏み入れた大きいナイトクラブ。 大音量の四つ打ちと乱反射するレーザービームの中、気付いたら隣で酒を飲んでいる彼の横顔を眺めつつ、酩酊状態の中ふと思った。

今日なら処女を捨てられるかもしれない。

誰にも愛されたことが無かったし、誰かを愛したことも無かった。 ただ、暇と性欲を持て余すのはどこの女子大生も同じだと思う。 他人と繋がるという未知の快楽に興味があった。


朝の5時頃イベントがクローズして、私と彼は自然と手を繋ぎ、道玄坂を下っていった。

「帰れる?」

「飲み過ぎてしんどいです、帰れないかも」

「じゃあ、うちくる?」

真夏の朝方、既に街は眩しい。 交差点で想像通りのやり取りをして、私たちはタクシーに乗り込んだ。

眠気で頭はぼんやりするものの、やけに意識ははっきりしていた。

これから私は恐らく、初めてのセックスをする。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mmio____y1224 |純猥談|純猥談 編集部|cakes(ケイクス) これいままでの純猥談の中で1番好き https://t.co/jnvlDx4Uh7 23日前 replyretweetfavorite

you_mgmg DJ話だやば |純猥談 編集部 @junwaidan |純猥談 https://t.co/TDks4j6D2l 24日前 replyretweetfavorite