上沼恵美子のホラ話

今回取り上げるのは上沼恵美子です。といっても、NHKの長寿番組『バラエティー生活笑百科』の上沼相談員の話。番組の名物になっていた彼女のホラ話について考えます。

なぜ嘘をつくのか

自分は会話の中に嘘を盛り込むのが好きで、それはもちろん、寄せられた人生相談の内容を根拠なく嘘と決め付けたりするようなことではなく、目の前にいる人との会話に嘘を混ぜ込み、その場で「嘘でした」と明らかにして呆れられる、という流れを繰り返してきた。信頼している相手は、「ハイハイ、またそれね」と受け流してくれるのだが、そもそも、どうして自分はどうでもいい嘘を会話に盛り込むのだろうかと考え始めたら、樋口桂子『おしゃべりと嘘 「かたり」をめぐる文化論』(青土社)という本と目が合った。

こうある。嘘は、詐欺のような大きな嘘ではない場合、「しゃべる」という行為によって顔を出すことが多い。嘘を形容するにあたって、つく・たれる・こくなど、自分から「排出すること、排泄する言葉をともなう」のは、あくまでも嘘が、他者に向かうのではなく自己完結しているから、とも受け取れるとのこと。柳田国男によれば、「昔から日本人は『笑ってよい嘘』と『憎むべき嘘』を区別していた」そうで、「相手をだましてやろうという目的がない嘘は『底のたくらみがない』笑ってよい嘘であるとして、大いに使われていた」。日本語では「ウッソー」や「え、うそ!」が、相手への指摘ではなく、合いの手として機能しているが、それは、英語の「lie(嘘)」が示すところと大きく異なる。「ウッソー」を英語にして、合いの手のつもりで「ユーアー ライヤー」と言ったら大変なことになる、との指摘。なるほど確かに。その英語を改めて「あなたは嘘つき」と和訳すれば、それはやっぱり大変で、とても乱暴なことだ。

上沼のホラ話が体に染み込んでいる
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

東日本大震災からコロナ禍まで。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar わっかる かなり好きだった 「生身」だから可能だったやりとり “働く”のも“生活”もリモートでは限界がある 8日前 replyretweetfavorite

kenSakakibara オンライン飲み会にさいごまでなじめなかったのは、これが理由だったのか、と。 25日前 replyretweetfavorite

nktu_pdu >自分は会話の中に嘘を盛り込むのが好きで、それはもちろん、寄せられた人生相談の内容を根拠なく嘘と決め付けたり… https://t.co/PRzwiiaj6o 26日前 replyretweetfavorite