俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

これぞ錦糸町流「クラブ遊び」。ステージで大熱唱してストレス撃退!

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 10月某日、久しぶりに錦糸町を訪れ、数年前に外国人パブでロシア人女性に食べさせてもらった黒パンの味を懐かしんだスパムです。

 錦糸町と聞けば外国人パブのイメージが先行するが、実はかつて一軒だけクラブがあったという。それも今は閉店。

 しかし、運営会社が8月にガールズバーとクラブを掛け合わせた“ガールズバーズ”という新感覚の店をオープンしたという情報をキャッチした。

「コロナに負けずに街を盛り上げよう」と熱意に燃える店を体験すべく、早速向かってみた。

“ワンチャン”を狙ってコイン遊びで盛り上げろ

 訪れたのはJR錦糸町駅から徒歩5分ほどにあるアミューズメントガールズバーズ「ONECHAN(ワンチャン)」だ。

「今夜は“ワンチャン”狙って遊んでもらいたい」(オーナー)という店名の由来に胸も高鳴るスパム。階段を上がり体温チェックを済ませると、エントランスには荷物を預けるロッカーが配置されていて、雰囲気はクラブそのもの。

 50席もある広い店内では大音量のクラブミュージックが流れ、DJブースとダンスステージもあるド派手な空間だ。

左から、れいちゃんとちあきちゃん

 そこに「おっすー! はじめましてー!」とテンション高めに接客してくれたのは、れいちゃん(23歳)とちあきちゃん(21歳)のパリピコンビだった。同店のコは対面に座るので、まるでクラブでナンパに成功した気分になれるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード