Q.死ぬまでにしたいことをガチで100個考えたのに、結局何もできないのですが…

スイスイさんの教えにしたがって、やりたいことを100個書いたのに、どれも叶わないと思って悩み続けている相談者さん。
元メンヘラで現ハッピーリア充のスイスイさんが、相談者さんがなすべきことを考えます。 また、本連載を大幅加筆した初書籍『すべての女子はメンヘラである』が好評発売中です。併せてお楽しみください。

考えすぎて体調が悪くなってきました

大学がやりたいことが違った事と、死ぬまでにやりたいこと100個書いたのに、どれも叶わないと思ってしまい、結局何から手をつけていいのか分からず悩んでいます。

私は、文系の大学一年生で、将来の目標もなく、ただオンライン授業を受けてバイトに行くという日々を送っています。何が悩みなのかというと、将来への不安しかないのが悩みです。
今まで、学校に通う、勉強するというタスクが与えられ、それにそっていれば怒られることはなかったのに、自分は将来どうしていたいのか、何がやりたいのかを考え行動することに直面し、ストレスを感じています。

他の人なら、進路決定の段階でこの悩みに直面していたのかもしれません。しかし、親や先生がいうことに反発するタイプではなかった、意思が弱い、中高一貫でさらに指定校推薦であまり将来を考えることなくここまできてしまったこともあり、今になって悩んでいます。

私の大学の学部は教育社会学系の学部なのですが、大学の勉強にあまり興味がなかったことが進学してからわかり、さらに就職にあまりよくない、大学の学部の中では偏差値が低いということもあり、悩んでいます。もちろん、指定校推薦だったので自業自得で卒業するつもりなのですが、誰かに相談してもそんなの入学する前に分かるはずだと言われそうで、実際そうなので、さらにモヤモヤしています。大学の勉強で忙しい友達を見ると、何のために大学に進んだのかと落ち込みます。

元々、自分は勉強もできず、コミュニケーションも下手で、ただ上の人に反発せずマニュアル通りに従うのは得意なタイプだったので、面接の比重が低い公務員になろうと思っていました。大学の学部も公共政策的な勉強です。
ただ最近、このままだと自分のやりたい事をやらずに死んでしまうと気づき、本当にやりたいことは何なのか、そのために今何をすべきなのか、暇なのでずっと考えているのですが、分からなく考えるだけで、もう考えすぎて体調が悪くなってきました。

そんな中、スイスイさんの著書を読み、死ぬまでにやりたいこと100個をなんとかかきあげたのですが、本当に本当に死ぬまでにやりたいのかと聞かれると、めんどくさいなと思ってしまい、それらの目標がやりたいというよりは、憧れられたいちやほやされたいというものばかりです。また、理想が高く、やりたいことが毎日変わり、結局達成できずに妄想で終わり自己嫌悪の日々です。

そんな中、自分が得意で、熱中できるものは何かと考えた時に出てきたのが書道でした。なぜ書道が好きなのかを考えると、あまり頭の回転を使わない、うまく書けると褒めてもらえるくらいの理由しかないのですが、中高時代書道部で、朝は4時半起きで家で書道をし、七時に学校に行っては、大きい筆で書き、放課後は部活でをやり、その後習い事の書道に行くような書道漬けの日々を過ごした事もありました。

一人でやっていたので、周りが引くくらいだったのですが、これだけやれば上手くなっただろうと、片っ端から書道の公募に送ったのですが、奨励賞のような参加賞の次くらいの賞にしか引っかからず、一気にやる気をなくし進路は全く関係ないところに進みました。大学で書道を学べる大学に進むことも考えたのですが、ものすごく偏差値が高い国立か、低めの私立しかなく、評定平均が微妙にあったために、楽な方に流されてしまいました。

最近はやっぱり、書道がやりたいと書道の有名な先生を紹介してもらい、添削してもらうことになりました。もし、本気で書道を仕事にするならば、働きながら通信制の大学に通い、国語の免許をとることも検討していますが、人前で話すのが苦手なのと漢字が壊滅的にかけないので向いてないのではと思っています。

今の将来の目標は、書道を続けて、将来的にあわよくば副業にすることと安定した収入をもらうことなのですが、書道のセンス才能がない、書道をやるには莫大な資金がいるため稼がないといけないのですが、プラスアルファの才能もなくまた悩んでいます。

スイスイさんの本の中に出てきたように、私は悩みぐせがあり、気がつくと常に悩んでいます。趣味が悩み、妄想です。悩んで、妄想し、現実との違いが分からなくなってくるぐらい悩んで、後悔し、ついには悩みが多いことで悩んでいるので、頭の中がこんがらがってもう何が何だか分かりません。その割に、最後には悩みすぎて、冷静な判断を失い、思いもよらない決断を下してしまうのも悩みです。まとまらない文章失礼しました。

【死ぬまでにしたい100のこと】
1.二十歳までに処女を捨てる / 2.書道家になる / 3.hip hop とコラボをする / 4.PVに使われる / 5.企業の題字を書く / 6.イベントに呼ばれる / 7.テレビに出る / 8.猫を飼う / 9.ドラマの題字を書く / 10.NYLONに出る / 11.香港で個展を開く / 12.東京で個展を開く / 13.日展を受賞 / 14.大河の題字を書く / 15.ニート東京出演 / 16.ニート東京の後ろの文字書く / 17.書道の収入で30才までに二十万稼ぐ / 18.大学職員になり、兼業 / 19.そこそこの収入を得ながら自由な時間を持つ / 20.書道の通信教育を自分で始める / 21.書道国語の非常勤講師になる / 22.高校書道と国語のの非常勤講師免許をとる / 23.書道教室を二ヶ所で開く / 24.取材される / 25.漢字を覚える / 26.本を出版する / 27.雑誌に寄稿する / 28.ライターの仕事をする / 29.インタビューすることを仕事にする / 30.webメディアに寄稿する / 31.本を一年に100冊読む / 32.ブログを一年間続ける / 株式会社noteに入社する / 33.自分の意見をはっきり言えるようになる / 34.色気があると言われる / 35.一年で4人に告白される / 36.告白する / 37.好きな人と付き合う / 38.年上の尊敬できる人と付き合う / 39.〇〇先生と再会する / 40.〇〇先生に見てもらえるような活躍の場を広げる / 41.子供を育てる / 42.子供を産む / 43.家事育児を手伝ってくれるパートナーを得る / 44.結婚する / 45.彼氏か夫とリッツカールトンに泊まる / 46.Awichのライブに行く / 47.chelmicoのライブに行く / 48.お笑いライブに行く / 49.お笑いライブで出待ちする / 50.ラランドのライブに行く / 51.あいなぷぅに会う / 52.アトランタに行く / 53.裁判視聴をする / 54.麻雀をやる / 55.銃を撃つ / 56.金髪になる / 57.ラップを歌えるようになる / アジア一周をする / 中国の北魏の石碑を実際に見る / 58.ロシアに行く / 59.ドイツのベルリンの壁を見る / 60.万里の長城に行く / 61.新宿二丁目に行く / 62.ストリップを見る / 63.見世物小屋に行く / 64.山の上ホテルに泊まる / 65.長崎の軍艦島に行く / 66.工業地帯の工業夜景をみる / 67.回転ベットのあるラブホに行く / 68.スイートルームに泊まる / 69.風と共に去りぬを英語で読む / 70.Toeic700点 / 71.トークを磨く / 72.一人暮らしをする / 73.東京23区内に住む / 74.精神的経済的に自立する / 75.海外で仕事をする / 76.失恋する / 77.買いたい本を躊躇せず買えるようになる / 78.結婚してるのか子供がいるのか分からないけれど実はいる人になる / 79.好きなことを仕事にする / 80.手に職をつける / 81.食いっぱぐれない / 82.タワマンに住む / 84.媚薬をためす / 85.クレジットカードを作る / 86.デパコスを買う / 87.効力のある名刺を作る / 88.雑誌で特集を組んでもらう / 89.星野リゾート宿泊 / 90.ファーストクラスにのる / 91.Zineを発行 / 92.麻雀をやる / 93.副業で複数の収入を得られるようになる / 94.JavaScriptができるようにする / 95.年収五百万を超える / 96.ブルーノートでデートする / 97.30歳になる前にホテルロブションに連れて行ってもらう / 98.シャネルのリップをつける / 99.マノロブラニクの靴を履く / 100.ティファニーをプレゼントされる / 101.クリームソーダを飲む(済)

(もちひつじ・18歳・女・大学生・メンヘラ)

今回の相談、何に悩んでいるのかつかみにくく回答しようがないかも……と思いながら読み進めていた。

だけどこの連載史上初!
「やりたいこと100を自発的に100個全部送ってくれる」というサプライズがあり、100個読み終えようとする頃には私の心が腕まくりをしていた。

たった1つ叶えてしまったのが「クリームソーダを飲む」なのもリアル過ぎて、応援せずにいられない……。

会ったこともない私の相談フォームに「やりたいこと100」をまるごと送ってしまえる勢いと覚悟はまちがいなく才能。その力をちゃんと生かそう。

ついてきてね。

ゴールのない悩みには選択肢を

今回の悩みは二つ。

①「大学が学びたいことと違い、大学選びを失敗したかもしれない」
②「死ぬまでにやりたいこと100個書いたのに、結局何から手をつけていいのか分からない」

まず1つめの悩みにサクっと答えます。

身内の悩み相談に巻き込まれたとき、私はいつも「選択肢は何があるの?」と聞くようにしてる。

悩みがちな人って、悩みの目的がない。
そこに「選ぶ」という目的を付ければ、一旦悩みのゴールが見えて前に進める。

今回の悩み、大学選びに失敗した今、選択肢って3つしかない。

・退学する
・別の大学に編入する
・ひとまず卒業

この中のどれを選ぶのか?しか選択は悩みようがないのだ。

そしてあなたは「ひとまず卒業」しか選ばない。
退学や編入したいほど他にやりたいことがあるわけでもないから。
どれだけ悩もうとも、ひとまず卒業するしか道がないのだ。
もうこの件で悩む必要がない。

ちなみに……、私こそまったく行きたくない大学に進学した人である。
4年間のうち学びたいことなんて一秒もなかった。だけど途中からは授業以外で楽しいことを見つけようと切り替えて割と充実できた気がする。

もしどうしても行きたい大学ができたりしたら編入するのもありかもだけど、一旦このまま取るべき単位だけ取っておけばいいのでは。
(公務員を目指すとしたら大学の偏差値関係なくない?)

ということでここからは、
②「死ぬまでにやりたいこと100個書いたのに結局何から手をつけていいのか分からない」
について徹底的に進めます。

やる大人と、やらない大人

私もあなたと同じ18歳の頃、〈このままだと自分のやりたい事をやらずに死んでしまう〉と焦ってた。
というか社会に出る前の18歳って多くがその不安を抱えてる気もする。

そうして20代後半になるころ、大人はだいたい2種類のモードに別れる。

・「なんだかんだ全部叶わないな」と諦めることに慣れる悲観モード
・「なんだかんだ全部叶えられるな」と挑戦することに慣れる無双モード

社会に出てしばらく悲観モードだったが、25歳のとき「死ぬまでにやりたいこと100」を書いて、その1年後くらいから無双モードに変化していった気がする。

今振り返ると、その一年こそが肝だった。
その経験を踏まえて、あなたは何をすべきかというと……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スイスイの最強元彼ラスボスさんが「あとがき」を書いている本連載の書籍『すべての女子はメンヘラである』は好評発売中です!

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

InfoEnglishlea1 #英語学習 #英会話 2020年11月02日 00時01分 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

LichtSenshuji 長く続けていることであるけど目標の… https://t.co/D3AIPFL286 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

InfoEnglishlea1 #英語学習 #英会話 2020年10月29日 17時31分 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ov_creer 若いころにスイスイさんに出会えてたらなぁ、、と連載を読むたびに思う。 https://t.co/bw2Ghk0HUY 約1ヶ月前 replyretweetfavorite