世の中に浸透してほしい会話のルール

会話の仕方も時代とともに変わってきています。なにも誤解なく、だれも不快にならない会話とはどのようなものでしょうか? 本連載の書籍化第二弾「大人の条件」が予約受付開始しました。ぜひ連載とあわせてお読みください。

相手のプライベートな話をどこまで聞くか

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

以前、ヨーロッパ滞在が長かった日本人男性が、会話の中である人物のことを話し始めたときのこと。話題上、僕が人間関係を把握したくて、「その人って何歳ですか?」って聞いたところ、「いや、わからないです。僕、人に年齢を聞く習慣がないもので」って答えられて、「あ、そうか。年齢を知りたいって日本人特有の発想なんだな」と反省しました。

僕たち日本人はほんと「年齢」が知りたがりますよね。テレビや新聞を見ていても、名前の後に(34才)みたいに必ず年齢が書いてあります。韓国でもそうということがあると聞くので、やっぱり儒教が関係あるのでしょうか。

ブラジル人って必ず「はじめまして」の時に、相手の「家族構成」を質問するんです。結婚しているのか、独身なのか、子供はいるのか、両親は健在なのかって一通り質問するんです。あれ、結構面食らうんです。

例えば、ブラジル人とよく会話をしていた当時の僕は「恋人はいて、その彼女は娘がいて」って言うと、「彼女とは結婚しないの?」ってすぐに言うんです。でも、ブラジル人は「家族が全て」だから、それを質問するのって当然だと思ってるんです。

こういう「その人のプライベートな情報の何が知りたいか」って国や時代や文化によって違いますよね。それで、やっぱり日本人は「どの組織に所属しているのか」っていうことに、すごく興味があるんだと思います。

何かで読んだのですが、アメリカ人は仕事を質問されたら「職種」を答えるんですよね。会話の中で「トヨタで働いています」って言うと、アメリカ人は「トヨタの工場のラインで働いている」と思うそうです。

だから、アマゾンで働いているとか、東急で働いているとかって言わずに、「デザイナーをやっている」とか「広報をしている」って言う必要があるそうです。まあ僕たち日本人は、「どこに属しているか」という会社名をどうしても重視してしまうんでしょうね。

誤解を生まない会話
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

すべてのさまよえる大人たちに送る、本連載の書籍化第二弾!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rhosoi ビットコインの取引所で働いてますって言ってみ?ビットコインってまだあったんですか?って言われるから(^○^) 29日前 replyretweetfavorite

yuheioda 年齢を聞くのはその人はどんな時代を生きてきたひとなのか、人となりを知りたいって思うからじゃないかなぁ 29日前 replyretweetfavorite

888yys_sy888 https://t.co/ilh4U2fIs2 30日前 replyretweetfavorite

asyara28 奥さんの会話の選び方は、確かに参考になります。 30日前 replyretweetfavorite