悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

クリスチャンが教会に行くのは「義務」のためではなくて

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」、そんなことはありません。フォロワー10万超の大人気ツイッターアカウント「上馬キリスト教会」のまじめ担当MAROが皆さんの悩みに対してキリストの言葉・聖書の言葉をもとに答えてみます。今回のお悩みは「仕事で疲れた」です。本連載は書籍「人生に悩んだから聖書に相談してみた」の一部抜粋です。

お悩み:毎日毎日、仕事で疲れました


毎日毎日、仕事仕事、勉強勉強、家事家事......と、日々の生活はとても疲れますよね。しかし、産業革命の頃のイギリスの労働者は1日16時間労働を強いられていました。それに比べれば現代は楽なほう......なんて、もちろん言いません。大変なものは大変なんです。「もっと大変な人もいるんだからがんばれ」なんていうのは、「自分の大変さ」については何の意味もない言葉ですよね。

日々の生活が大変だったのは、聖書の時代も同じだったようで、イエス様はそんな日々の生活に疲れた人たちにこう言っています。

「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます(マタイ 11:28)」

教会って、「行く」場所だというイメージが強いかもしれませんが、正確には「帰る」場所、すなわちホームなんです。教会の礼拝の最後には「この場所から、この人たちがそれぞれの家庭や、職場や、学校や、さまざまなところに派遣されますから、神様の祝福がありますように」というお祈りが、牧師さんや神父さんによってなされます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生に悩んだから「聖書」に相談してみた

MARO(上馬キリスト教会ツイッター部)
KADOKAWA
2020-09-26

この連載について

初回を読む
悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

MARO(上馬キリスト教会ツイッター部)

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」「勧誘される」、そんなことはありません。現代人に悩みはつきないけれど、聖書に出てくる人だってみんな悩んでいるし、聖書に答えを求めてい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hosanna110 ネットニュースで紹介されています! 18日前 replyretweetfavorite