上司の「アレどうなった?」の「アレ」がわからなすぎる件

ここは、カフェ「しくじり」。一見さんお断りの限られた客のみ入店できる会員制のカフェ。
ここでの通貨は「しくじり」。客がしくじり経験談を披露し、その内容に応じてマスターは飲み物や食べ物を振る舞う。 マスターの小鳥遊(たかなし)は注意欠如・多動症(ADHD)の傾向を持ち、過去にたくさんのしくじりを重ねてきた。しかし“ある工夫”で乗り越えてきた不思議な経歴の持ち主。そんな過去の自分と似た「会員」のため、今日もカフェのカウンターに立つ。 そんな奇妙なカフェのお話。
(初回はこちら) (記事一覧はこちら

(カラン、コロン〜♪ カラン、コロン〜♪)

りんだ 「そんなのちゃんと言ってもらわないと、分からないよ……!!!」

小鳥遊 「おや、りんださん、いらっしゃいませ。何か怒ってるんですか?」

りんだ 「小鳥遊さん! わたし、またしくじっちゃったんです。自分のせいなんですが、でも部長も部長で……」

小鳥遊 「りんださんは当カフェに恵みをくれる女神ですね。フフフ。部長さんの話も含めて、じっくり聞かせていただきますね」

****

りんだうちの部長、とにかく言ってることがよく分からなくて。この間『りんださ〜ん、去年のアレ、今年もやるから内容つめといてね〜』って言われたんです」

小鳥遊 「ちょっと何言ってるかわからないですね」

りんだ 「話の流れ的にも、部長のテンション的にも、わたしはハロウィンの準備だと思って、『今年はどんなコスプレにするんですか? 去年はトトロでしたから、今年は湯婆婆にでもします?』って、コスプレ衣装屋でレンタル料調べて表にまとめてメールで送ったんです。去年かかったレンタル料もちゃんと添えて」

小鳥遊 「ぬかりないですね」

りんだ 「だと思いますよね。でも、『なんですかこの表は。そうじゃなくて、取引先様への年末の挨拶回りのことです。何ふざけてるんですか!?』と怒られてしまったんです」

小鳥遊 「コスプレ衣装レンタル料を調べて、まとめた努力は認めて欲しいですよね」

りんだ 「ほんとそうですよ! だったら最初から挨拶回りの準備って言ってよ! って話ですよ」

小鳥遊 「いやー、いいしくじりをありがとうございました。私も会社員時代、酔っ払って楽しくなって課長の頭を『よっ!』って叩いたり、パイを社長の顔に投げつけたりしたものです。昔を思い出しました」

りんだ 「……小鳥遊さん、案外ワイルドな会社員生活送ってました?」

小鳥遊 「いえいえ、それほどでも。ところで、りんださん。今日お出しする料理ですが、お任せでよろしいですか?」

りんだ 「いつも勝手に作って出してくるから、毎回お任せみたいなものですよね。美味しいからいいですけどね」

小鳥遊 「ありがとうございます。それではご案内します」

****

小鳥遊は、メニューらしきものが書かれた黒板を持ち出した。黒板にはこう書かれていた。


・小麦粉を焼いたアレに肉とか挟んだやつ

・甘くてトロッとした茶色いのをいい感じに固めたものをスポンジに塗りたくったやつ

・卵を使ったみんな大好きなアレ(ケチャップつき)


りんだ 「なんですかこれ?」

小鳥遊 「え? メニュー表ですが」

りんだ 「いや、これじゃ分からないですよ!」

小鳥遊 「そうですか。きっとりんださんの好きなメニューかと思ったんですが……。お気に召さなかったですか?」

りんだ 「いや、召すも召さないも、メニューが何か、分からないですよ。これじゃあ、クレームきちゃいますよ?」

小鳥遊 「あー、そういうことですね」

りんだ 「まあいいや。えーと、最初のは……小麦を焼いたアレって、パンのこと? じゃあ、サンドウィッチ!?」

小鳥遊 「ご名答!」

りんだ 「なんでクイズになってるんですか(笑)。じゃあ、2つ目は……ムムム、チョコのコーティングがされたケーキ!」

小鳥遊 「正解です! ではラスト!」

りんだ 「ケチャップ付きの卵のアレ……もしかしてオムレツ?」

小鳥遊 「そのとおりです! よくできました!」

りんだ 「最初から、サンドウィッチ、チョコレートケーキ、オムレツって書けばいいじゃないですか」

小鳥遊 「いやいや、失礼しました。りんださんの話を聞いていたら、ちょっとクイズ形式にしたくなってしまいまして」

****

またたく間に、すべての料理を食べ終えたりんだは、小鳥遊へ話しかける。

りんだ 「わたし気がついたんですけど、部長にもこんな風に確認すればよかったなぁって」

小鳥遊 「いいところに気付きましたね」

りんだ 「部長から『去年のアレ』って言われたときに、一瞬何のこと?って思ったんです。でも、『きっとこのことだろう』って自分で勝手に決めちゃったんですよね」

小鳥遊 「確認するのは、ちょっと勇気が要りますしね」

りんだ 「そうなんです。確認しようかな? って一瞬思ったんですが、わからないことを確認するのって気が引けちゃって。部長忙しそうだったし、何よりちょっと面倒くさくて……」

小鳥遊 「分かりますよ。だけど結果的にもっと面倒なことになってしまったんですね」

りんだ 「はい……。わたしは曖昧な言葉の裏を読むのが苦手なんです。だから、いちいち確認しなきゃいけない…なんでこうなんだろ、わたしって」

小鳥遊 「りんださん、その苦手意識は逆に武器ですよ」

りんだ 「武器?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

要領のよさの実態はノウハウ。練習すれば、うまくなる。

この連載について

初回を読む
カフェ「しくじり」へようこそ

小鳥遊 /りんだ

発達障害でありながら一般企業に勤める小鳥遊(たかなし)さんが、カフェのマスターに扮して仕事の悩みに答えるストーリー連載。「安心して仕事ができるようになる、安心して会社に行けるようになる」を目指す、世界でいちばん意識低い系のビジネス連載です!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mo_mo_no_uchi @sanctuarybook @fta7 約1ヶ月前 replyretweetfavorite