モテる男は、首を絞められても「いいよ」と言う。【中編】

「甘くない」恋愛映画だけを集めた書籍『トラウマ恋愛映画入門』(集英社)を上梓された町山智浩さん。その発売を記念して行われた伊藤聡さんによる町山さんインタビュー中編です。男はいつまでたっても恋愛のアマチュアなのか? 男が女性に決してやっていけないこととは? そして町山さんが映画の中で知った「本当にモテる男」とは。(構成:崎谷実穂)

阿部定が殺すほど愛したのは、アレが大きかったからではない


トラウマ恋愛映画入門 集英社

伊藤聡(以下、伊藤) 『トラウマ恋愛映画入門』に出てくる映画は、どれも監督のプライベートな体験が反映されていますよね。それは、町山さんの解説を読むとすごくよくわかります。同じように、この本からは町山さんの女性観や恋愛観がにじみ出ていると感じました。

町山智浩(以下、町山) そうかもしれませんね。特に僕がすごく学んだのは、『ジェラシー』(1980年)という映画からです。主人公は大学で心理学を教える学者。でも、女性の気持ちはまったくわからない。彼女に「俺を愛しているか?」と聞いて「愛しているわ」と返ってくると、「ウソをつけ!」と疑う。「じゃあ愛してないわ」と彼女が言うと、「愛してないのか!」って怒るんですよ。どっちやねん、と。


ジェラシー

伊藤 (笑)。

町山 人の心理を客観的に分析して理解しているはずの心理学者でも、こういうことをやっちゃうんだなあ、と。「嫉妬」というのはもう、一種の病(やまい)だなと思いました。他にもこういう映画、たくさんあるんですよね。学歴も地位もある男が、嫉妬に狂ってボロボロになる。僕は実生活で嫉妬で失敗してから、もう嫉妬はしなくなりましたけど。

伊藤 この感情には、何もいいことはないぞと。

町山 『チェイシング・エイミー』(97年)の主人公のように、彼女の過去の男関係を気にするのも、何もいいことないですよ。これらの失敗する男と正反対の存在が、阿部定事件を題材にした『愛のコリーダ』の藤竜也演じる吉蔵なんです。

伊藤 『愛のコリーダ』(76年)はこの本をきっかけに初めて観たのですが、すごい映画でした。


愛のコリーダ

町山 1976年の当時、この映画は性器の接合描写があるハードコアだと言われて、カットやぼかしを入れた状態で公開されたんですね。そのあと海外でノーカット版が出たのですが、期待して見た人は藤竜也のチンチンがそんなに大きくないので、がっかりした(笑)。というのも、やっぱり事件当時も、阿部定が吉蔵を殺すくらい愛したのは、チンチンがデカかったからじゃないかと言われていたからなんです。

伊藤 そんな(笑)。

町山 いや、ほんとに。で、実際も実は普通の大きさだったということがわかって、そのときみんな不思議がったんですよ。なぜあの女はチンチンを切り取るほど、吉蔵に恋してしまったのかって。それは、映画を観るとよくわかります。吉蔵は、ぜったい彼女に「ノー」と言わないんですよね。何を言われても。

伊藤 そこ、すごく感動しました。本当になんでも受け入れるんですよね。

町山 阿部定が「◯◯して」って言うと、「はい、はい」って言う。「◯◯しないで」と言っても、「はい、はい」。全部言う通り従う。意志ゼロですよ。これを観ててね、大学時代にすごくモテてた友人のことを思い出しました。彼はまさしく吉蔵みたいな人で、いつもニコニコしてるだけ。自己主張しないんです。

男が目指すべき究極の姿は、『愛のコリーダ』の吉蔵だ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
トラウマ恋愛映画入門』発売記念! 町山智浩インタビュー

町山智浩 /伊藤聡

「男はみんな恋愛のアマチュアだ」。これまで、できるだけ恋愛映画を避けてきたという映画評論家・町山智浩さんが、その恋愛映画と真正面から向き合った評論集『トラウマ恋愛映画入門』(集英社)を上梓されました。発売を記念して、cakesで「およ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

1Nobitasan トラウマ恋愛映画 https://t.co/nYGDdv7k4Q 2年以上前 replyretweetfavorite

kikikhakiki 今更、町山さんの恋愛映画批評本のインタビューhttps://t.co/IE78ZazdQR(もしかしたら有料購読者しか見れないかも・・・・・)を読んでるんだけどすごく「ああー」と、ただただ共感しっぱなし。 約4年前 replyretweetfavorite

monnanasan  まさに。「愛のコリーダ」の吉蔵は、自分が映画の中で出会った最もやさしい男。理想の男。 4年以上前 replyretweetfavorite

yutori21 伊藤「『レボリューショナリー・ロード』(08年)で、ディカプリオが箇条書きで奥さんに怒るシーンがあります。(略)観てるこっちはいたたまれなくて、「うわー、ディカプリオ、その怒り方だけはやめろー!」と思うわけなんですが……(笑)」 https://t.co/OCUPj4j8nc 4年以上前 replyretweetfavorite