入院中でも容赦がなさすぎる、フランスの看護師たち

中村綾花さんによる、フランスでの妊娠・出産の一部始終をお伝えするこの連載。今週は臨月から陣痛が来はじめたころまでのお話です。初めての陣痛に苦しむ中村さんと、それに対してクールすぎるフランスの看護師たちのギャップにご注目ください。

出産は「自分ロス」のはじまり

私にとっての出産とは、心身ともにズタボロになる体験だったことを、前回少し振り返りました。37歳での高齢出産というのもあってか、身体的なダメージは想像をはるかに越えていたし、思ってもみなかった精神的なダメージも受けました。体は回復しても、精神の変化とは今なお葛藤しています。

出産後、私は自分と我が子の愛し方の配分に戸惑っていました。自分の命をさしおいてでも守るべき存在ができた。これまで「いかに自分のことだけ考えて生きてきたか」を思い知ると同時に、我が子優先に物事を考えがちになりました。つい自分をおろそかにする、「自分ロス」な状況になったのです。

前回こう書いたら、記事を読んでくれた日本にいる同級生(3児の母)から久々に連絡があり、

「うまいこと言うなぁ、あまり自分というものをもたない私ですら、(子育てが)辛くてたまらなくなって、溺れそうになる瞬間があるから、自分持ってる人は余計だろうなぁ。」

という共感のコメントをもらいました。この「自分ロス」問題についてはのちのち語るとして、今回はより詳細な、私のフランスでの出産レポートをお送りしようと思います。「聞いてたのと全然違う!」の連続だった出産体験は、日本だったらあり得ないエピソードが満載なのですよ。

泣きごとがもれるほど辛い臨月

いよいよ出産日が近づく期間のことを「臨月」といいます。私の子宮には色々な問題があり、治療を経てようやく妊娠にいたったため、流産・早産なしに妊娠を最後まで継続できるかわかりませんでした。そんなドキドキな状況のなか無事に臨月に突入し、石臼のような迫力と重さに変化した我が腹を抱えることができたときのうれしさといったら!

しかし同時に、これがなんといっても辛い! 臨月の重い腹を抱えての日常生活は、歩く、風呂に入る、寝返りをうつ、という普段ならできることに、障害が生じまくるのです。私は妊娠糖尿病を発症していたので、厳しい食事コントロールも気が抜けず、息抜きのデザートなんて厳禁。大好きなフルーツすらもろくに食べられず、ダーク・チョコレートをかじってなんとか我慢するくらいでした。

この頃はもう、毎日ただただ「早く産まれて来てくれ! 産まれてさえくれれば、好きなものを好きなだけ食べられる時がやってくる!」というのを励みに耐えていました。

身近な人に泣き言をもらしても、「もうすぐ赤ちゃんに会えるじゃないの!」と言われるばかり……。まあ、それはそうなんですが、辛いものは辛いのです。なんど旦那さんに対して「あんたが代わりに妊娠してくれればいいのに!」と言ったか分かりません。

陣痛が来ない!

なんとかして辛さをやり過ごす日々でしたが、予定日が来ても、陣痛と呼ばれる同間隔の痛みや、破水と呼ばれる前兆(お腹の羊水が少し出てくる)もまったく起きませんでした。ただ時々、ドーンと腹に稲妻が落ちたような衝撃が走り、立っていられなくなることがありました。しかしそれも一撃だけに終わって陣痛にはいたらず。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 やはり、日本がいい。 |中村綾花 @ayakahan |パリジャン十色 https://t.co/EWZiwxHtjs 13日前 replyretweetfavorite