悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

ハロウィンが来るたびにキリスト教のせいにされるけど

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」、そんなことはありません。フォロワー10万超の大人気ツイッターアカウント「上馬キリスト教会」のまじめ担当MAROさんが皆さんの悩みに対してキリストの言葉・聖書の言葉をもとに答えます。今回のお悩みは「ハロウィンが好きになれない」です。本連載は書籍「人生に悩んだから聖書に相談してみた」の一部抜粋です。

お悩み:ハロウィンって騒がしくて好きになれません


「近頃はハロウィンとかいうキリスト教の祭りのせいで毎年、街で大騒ぎをする若者が増えて迷惑だ! これだからキリスト教は!」......なんていう怒りの声が、ときどき教会に届いたりします。たしかに近頃のハロウィンはちょっと騒ぎすぎですよね。家でささやかな仮装パーティをやるとか、節度を持って楽しんでほしいと思います。

しかし、そもそもの話、ハロウィンってキリスト教とは実はまったく関係のないお祭りなんです。もともとはケルト民族の「お盆」みたいなお祭りで、その日には死者の魂がこの世に帰ってくるんだと言います。キリスト教では死者の魂が帰ってくる、とか、そもそも先祖の霊を祀る、という習慣はありません。礼拝する対象はあくまで三位一体の神様だけで、先祖のために祭りを行うことは「偶像礼拝」として禁じられています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生に悩んだから「聖書」に相談してみた

MARO(上馬キリスト教会ツイッター部)
KADOKAWA
2020-09-26

この連載について

初回を読む
悩んでる人は、どう考えても幸せになれる

MARO(上馬キリスト教会ツイッター部)

「仕事がつらい」「いい人になれない」…その悩み、聖書に相談してみませんか。「難しそう」「説教されそう」「勧誘される」、そんなことはありません。現代人に悩みはつきないけれど、聖書に出てくる人だってみんな悩んでいるし、聖書に答えを求めてい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nemotch 「10月31日はプロテスタントではマルティン・ルターの宗教改革を記念する宗教改革記念日」児童書のハロウィンフェアに対して、人文書は、カルヴァンとかルターの入門書を集めたミニフェアをぜひ展開を。 https://t.co/vWZsY6V6DH 7ヶ月前 replyretweetfavorite