「おひとり様」で生きていく#8】「昭和の下町」がおススメ!

若からぬ男性が一人暮らしをするなら、お薦めは交通、生活ともに利便性のよい町である。すでにリタイアした、あるいはリタイア間近という男性であれば「足回り」は関係ないと思われそうだが、交通利便性と生活利便性はかなりの割合でリンクする。複数路線が使える駅には商店街、大型商業施設があることを思えばわかるはずだ。

「昭和の下町」がおススメ! 男が暮らしやすい町
東京情報堂代表 中川寛子

 若からぬ男性が一人暮らしをするなら、お薦めは交通、生活ともに利便性のよい町である。すでにリタイアした、あるいはリタイア間近という男性であれば「足回り」は関係ないと思われそうだが、交通利便性と生活利便性はかなりの割合でリンクする。複数路線が使える駅には商店街、大型商業施設があることを思えばわかるはずだ。

 生活利便性の中では食事情がポイントになる。自炊をしないなら食の大半は外に頼らざるをえない。外食はもちろん、総菜、持ち帰り弁当などの中食も含め、選択肢が豊富な町のほうが暮らしやすいのは当然だ。

 ほぼ毎日、外の食に依存するなら価格も気になる。「食の相場」を知るには、500円でランチが食べられる、あるいは買える店がどの程度あるかを意識して歩いてみよう。ランチでも1000円前後からの店しかないなら経済的な負担は大きい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません