「おひとり様」で生きていく#1】超単身社会が到来する

男女ともに未婚化が進み、2030年には30代以上の単身世帯数は約1600万になると予想される。特に中高年男性の4人に1人は一人暮らしとなり、男性の単身化が加速する。来る超単身社会をいかに生き抜くべきか。

 男女ともに未婚化が進み、2030年には30代以上の単身世帯数は約1600万になると予想される。特に中高年男性の4人に1人は一人暮らしとなり、男性の単身化が加速する。来る超単身社会をいかに生き抜くべきか。

 「勤めていた会社を辞めようとしたときは両親に猛烈に反対された。だけど今はもう好きにしていいよ、と」。独身の木村健次さん(37・仮名)は米国の大学を卒業、大手電機メーカーに約4年間勤めた後、26歳で退職した。その後介護士になったが、肌に合わず再び転職。今は通訳を目指し週1回学校に通いながら派遣社員として働いている。

 年収は約240万円と正社員だった頃の半分程度になったが「今は勉強期間だと思っている」と不満はない。欧州に赴任中の兄の家に住んでいるため家賃負担がないうえ、基本的に食事は自炊だ。結婚する予定はなく、「相手を養うこともないのでプレッシャーがないのかもしれません」と木村さんは言う。

30年には未婚率3割

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません