浮気市場」の概念を正しく理解することが『斜陽』を読みとく鍵となる

光文社新書noteの大好評を博した、早稲田大学・森川友義教授の連載が光文社新書として発売になりました。この書籍化を記念して、cakesでも全文公開します! 今回は、不倫小説としての太宰治『斜陽』を考察します。恋多き太宰が「不倫」をどのように描いたのか、「浮気市場」というキーワードをもとに読みときます。『蒲団』に引きつづいて不倫を学ぶ『斜陽』編、スタートです!

不倫を考察する二作目として、太宰治『斜陽』を取り上げます。『蒲団』が1908年の作品であるのに対し、こちらは1947年に出版されていますので、一挙に40年近く新しくなり、時代は大正から昭和に移ります。

最初に指摘しておきますと、『斜陽』は純粋な恋愛小説ではありません。テーマとしているのは、タイトルどおりわが国の上流階級の没落です。その裏側には共産主義を礼賛する思 想がからんでいて、政治色を感じさせる小説でもあります。これまで十分に知ることのできなかった上流階級の没落を描いた小説ということでセンセーションを巻き起こし、「斜陽族」という流行語が生まれたほどでした。

必読の書、と言いたいところですが、『斜陽』に登場する旧華族のような人たちには現在ではほとんどお目にかかれませんし、若者が「革命」に身を投じた時代も遠い昔なので、時代遅れの小説である一面も否定はできません。決して美しい文体というわけでもないので、文学的な格調もほかの文豪に比べて見劣りします。ただし、恋愛とくに「浮気市場」を理解するうえで、非常に役立つ描写がありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

戦後間もない時期の女性を描いた小説

主人公は、「私」=かず子(29 歳、バツイチ、子どもはいないが死産の経験あり)です。時代は1945年、終戦の年です。

戦前に華族の家に生まれたかず子は、すでに父親を亡くしていて、母親と二人で暮らしています。戦後になって二人は西片町(現在の東京都文京区。東京大学のそば)の家を売り、1945年12月に伊豆の山荘へ引っ越します。ほかの家族に直治という弟がいますが 、学徒出陣で戦争に召集されたまま消息が途絶えています。

「おひめさま」のかず子と「最後の貴族」としての誇りをもつ母親は、慣れない畑仕事をしたり、生活のために高価な着物や装飾品を売ったりして日々を生きています。「庶民」として生きる難しさを実感しつつも、徐々にそうした生活にも慣れていきます。

そんな中、安否が不明だった弟の直治が南方から帰還し、一緒に住み始めます。しかし、昔からかず子は直治を快く思っていません。直治は麻薬中毒の放蕩息子であり、帰還後は酒に溺れ、母親やかず子から金をせびり、東京に出ては遊び歩くというすさんだ生活を送ります。その遊び相手の一人が小説家の上原二郎でした。上原は既婚者で、妻と娘がいます。

かず子が上原と出会ったのは、薬屋への借金に困った直治が、上原さんのところにお金を届けてほしいと懇願したことからでした。自分の目で上原という男を確認しようと訪ねますが、初めて会った帰り道に突然キスをされたことで、上原との間に「ひめごと」ができてしまいます。このキスをきっかけに上原のことが気になってしまい、しだいに好きという感情にまで育ってゆきます。それは前夫との離婚の原因になってしまうほどでした。

病気がちな母親をかかえ、不良の直治と同居するかず子は、不安な日々を過ごします。そ んな感情もあってか上原への想いはさらに募り、自分の恋心やつらい立場をわかってもらい たく、かず子は上原に手紙を書きます。ぜんぶで3通の手紙でした。そこでかず子は上原の子どもがほしいと訴えます。しかし返事はありません。意気消沈し、上原との関係に悶々と する日々を送りますが、共産主義に関する本を読んだかず子は「恋と革命のために生れて来た」という思いを強くし、自分を励まします。

一方で母親の病状はさらに悪化し、ついには亡くなります。放蕩を続ける直治と二人きりになったかず子は、ますます上原への恋愛感情を募らせ、思いきって上原に会うため上京します。6年ぶりの再会でしたが、上原は以前の上原とは違っていました。「蓬髪は昔のままだけれども哀れに赤茶けて薄くなっており、顔は黄色くむくんで、眼のふちが赤くただれて、前歯が抜け落ち、絶えず口をもぐもぐさせて、一匹の老猿が背中を丸くして部屋の片隅に坐っている感じであった」と。ところがそう感じたにもかかわらず、その夜にかず子は上原と肉体関係をもってしまいます。

ちょうど同じの夜の明け方、弟の直治が自殺しました。直治は遺書を残していて、その中 でスガちゃんという洋画家の妻の女性が好きだったと告白します。

一人になったかず子は、直治の自殺から1ヵ月後、上原に最後の手紙を書き、上原の子どもを妊娠していることを明かします。「古い道徳を平気で無視して、よい子を得たという満足がある」と。そして「こいしいひとの子を生み、育てる事が、私の道徳革命の完成」と、シングルマザーとして子どもとともに生きていくことを宣言します。

『斜陽』の時代背景と意義

よく知られた話ですが、直治や上原と同じように、太宰自身も退廃的な日々を送る「不良」でした。薬物中毒にはなるわ、せっかく入った東京帝国大学を中退するわ、不倫を何度 もするわ……。あげくに自殺未遂を4回も繰り返し、そのうち1回など相手の女性は亡くなり自分だけ助かるという有様です。その乱行 ぶりは、1935年に太宰の「逆行」と「道化の華」が芥川賞候補になった際、選考委員の川端康成から、「作者目下の生活に厭な雲ありて、才能の素直に発せざる憾みあった」と私生活を咎められ受賞を逃すほどでした。

そんな太宰ですが、実家は青森県の大地主で、その生まれ育った裕福な環境を『斜陽』の モチーフに使ったとされています。小説中のかず子の生家は華族で、1869年に誕生した日本の貴族の一員でした。華族のランクは「公」「侯」「伯」「子」「男」と5階級に分かれ、かず子の父親もこのどれかに属していたわけです。このような華族制度は1947年の日本 国憲法の公布とともに廃止となりましたが、同じように太宰の実家も、GHQによる同年の 農地改革によって没落します。したがって「没落貴族」とは、戦後の変革期の重要なテーマであったわけで、だからこそこの作品がベストセラーになったとも言えます。

『斜陽』の特徴としてもう1つ、太宰の共産主義への傾倒が小説中のあちこちに散見される点です。かず子に、レーニンやローザ・ルクセンブルクの本を「奇妙な興奮」をもって読ませていることでも明らかですが、当時共産主義は、GHQの民主化政策によって一時的に大きな盛り上がりを見せていました。しかし、朝鮮半島情勢や中国本土における中国共産党の躍進を目の当たりにして、1947年、GHQは一転して共産主義を抑え込もうとする反共政策に転換します。

その後も日本に共産主義の支持者は一定数存在しましたが、1960年の全学連闘争、1970年の全共闘運動が過激化したあたりで急激に支持を失い、1989年のベルリンの壁崩壊、1991年のソビエト連邦の解体を経て、一般にはこの思想への盲目的な信仰は終焉したと言えます。

以上ざっと見てきたように、華族制度廃止と共産主義思想は1947年当時としては興味深いテーマであったと思われますが、21 世紀に生きるわたしたちからすると、ややピンとこない部分があるかもしれません。

やはり恋愛描写の方が、今日のわたしたちには読みとくべき意義があるようです。なにしろ現代に蔓延する「不倫」を扱った作品なわけですから。

『斜陽』が描く2つの恋愛

『斜陽』の中の恋愛とは以下の2つを指します。

・かず子と上原との関係

・直治とスガちゃんとの関係

上原は既婚者ですので、上原がかず子に不倫したということです。他方、直治はスガちゃんが好きだと遺書で告白をしています。このスガちゃん=スガ子は、「洋画家の妻」であると書かれていますが、これは実は直治のうそで、太宰研究の分野では、ほかでもない上原の妻だというのが定説になっています。

前者のケースではかず子が上原に惚れて、最終的に肉体関係を結びます。後者では直治がスガ子に恋愛感情をいだきますが、結局片想いで終わります。

各々を詳しく考察してゆきますが、その前提として「浮気市場」の特徴について論じます。浮気市場のメカニズムを知ることで、『斜陽』における2つの不倫関係がよく理解できるようになるからです。

「浮気市場」とは何か?

『舞姫』の回で、恋愛を取引する市場として、「恋愛市場」「結婚市場」「浮気市場」があり、各々特徴が異なると述べました。今回はこの3つの市場のうち、短期的保有関係である浮気市場の特徴について解説します。前章同様に、不倫学がその論拠です。

まず短期保有とは、主としていわゆるセフレや一夜限りの関係を指しますが、性風俗における金銭授受を介したセックスも含みます。したがって、浮気市場に参入する人は、前提として不倫をしたいという願望をもっています。その理由としては、夫婦の性的な関係が没交渉になっている場合(夫婦のセックスレスは60%近い)もあるでしょうし、性欲が旺盛な人であれば、配偶者との性行為だけでは満足できない場合も考えられます。

いずれにしても、配偶者がありながら、それ以外の人と性的な関係をもちたいと思ったときに、人は浮気市場に参入することになります。

このような浮気市場での売買には、恋愛感情を前提にしない、および互いのバックグラウ ンドを問わない、という2つの大きな特徴があります。どういうことか、詳しく見ていきましょう。

まず恋愛感情について、男性の場合、浮気市場においては性欲の処理という側面に重点がおかれるので、性的な快感が得られそうな女性、つまりセックスアピールの強い女性を単純に好む傾向が見てとれます。ただし、『蒲団』の章において「不倫の方程式」を解説したとおり、発覚した場合に離婚や慰謝料など支払わなければならない多大なコストがあるため、それに見合うだけのリターンがないと不倫をする決断に至りません。したがってリターンを担保する「恋愛バブル」の存在が、ある程度は必要であることも事実です。また、性行為の快感や快楽が増幅されるので、恋愛感情がないよりはあった方がいいことも間違いありません。しかし、いずれにしてもそれは最優先事項ではないのです。

第二に、恋愛市場や結婚市場では相手のバックグラウンドチェックが細部にわたってなされますが、短期保有を目指す浮気市場では、そうしたチェックはほとんど行なわれません。極端な例では名前さえ知りません。学歴も年収も家庭も性格の相性も関係ありません。その代わり絶対的に必要な条件として、①性病をもっていないこと②性的快感が十分に得られること③関係の秘匿を保証できることの3つが求められることになります。したがって、もし浮気市場で成功したいと思ったら、身ぎれいにして清潔感を演出し、セックスアピール を意識したうえで、秘密の保全を保証することが不可欠です。

ここで重要な理論的帰結は、たとえ既婚男性に離婚する意思があったとしても、不倫相手とは再婚しない可能性が高いということです。浮気市場では、不倫願望のある大多数の既婚男性が少数の女性を求めているために、需要と供給のアンバランスが生じていますが、離婚してバツイチになったら、既婚男性も通常の男女1:1の市場に逆戻りしますので、本来の魅力度に釣り合う相手との恋愛が可能となります。したがって独身に戻った途端、その不倫相手では物足りなく感じるだろうことが考えられます。既婚男性が「夫婦仲がうまくいっていない」「別居中だ」と言ったとしても、それがそのまま不倫相手の未婚女性と結婚に直結はしないのです。

このような不倫ですが、男女が未婚か既婚かで不倫のパターンが3つ存在します。このパターンを図5-1として掲げました。通常、「不倫」と呼ばれている状態が生じるのは、A以外のB、C、Dの場合です。

Bは既婚男性と未婚女性の場合で、もっとも多 く見られるケースです。前述したように、男女の比率が圧倒的に女性側に有利なために、既婚男性に相当な魅力がないと不倫関係は成立しません。

性病をもっていないこと、性的快感が十分に得られること、関係の秘匿を保証できることの3つがまず最低限必要だと先に述べました。加えて次に重要なのは「ポケットマネー」「五感的な魅力」です。前者は年収といった単純な経済力を指すものではありません。それは妻に独占的に管理されている可能性があるため、むしろ相手の女性のために自由に使えるポケットマネーの多寡が重要になってくるのです。

既婚男性は、家庭の妻子のための経済支出があるので、そこに影響を及ぼすことができません。もし家庭に入ってくるお金が減少する事態になれば当然妻は異変に気づくでしょうから、その金額を維持したうえで、どれくらい不倫に回せるポケットマネーがあるかがカギを握ります。金銭的な余力のない男や吝嗇な男は、不倫する資質をもたないのです。

一方、五感的な魅力のうちでは容姿のよさは不可欠です。結婚相手をじっくり探すのとは異なり、即断即決の多い浮気市場では、一般論として五感の中でも「見かけ」がもっとも重要です。『斜陽』では、上原の容姿はよくないとされていますが、これはかなり特殊なケー スだと言えるでしょう。

他方、恋愛市場や結婚市場で必要とされる、年齢や学歴、浪費癖の有無、浮気の危惧、子育てへの意欲といったものはほとんど問われなくなるのが、浮気市場における特徴でもあります。父親としての資質などここでは関係ないのです。

図のCは、既婚女性と独身男性の場合です。既婚で不倫願望をもつ女性は増えてきているものの、人数としては独身男性の方が圧倒的に多いので、ここでも需要と供給のアンバランスが生じて、既婚女性の買い手市場になっています。

不倫が発覚した場合、妻が失うものは非常に大きく、とくに専業主婦であれば経済的損失は計り知れません。したがって、相手の男性が秘匿してくれることが絶対条件です。この点をクリアしないと、既婚女性は不倫には踏み切りません。

Bと同様にCでも、既婚女性の五感的な魅力が必要です。浮気市場に参入する既婚女性の年齢は未婚女性よりも総じて高いので、ここでの最大のネックは女性の魅力度にあります。独身男性が年上の既婚女性と不倫関係に至るにはそれなりの理由がなくてはなりません。そのためにも女性は視覚的な魅力を高めるか、金銭的な援助(デートの食事代やホテル代の負担)が必要となってきます。

既婚男性と同じように、不必要な資質もあります。たとえば性格上の相性や価値観の一致は必須ではありません。結婚市場では価値のある「掃除・炊事・洗濯・育児」の能力も求められません。いわゆる家庭的な女性は浮気市場では市場価値を失うのです。

Dはダブル不倫の場合です。不倫願望をもつ男女比は圧倒的に男性の方が多く、ここでも需給のバランスは崩れています。限りなくBの市場特性に類似し、圧倒的に女性の買い手市場となるため既婚男性にとっては不利です。

ダブル不倫の最大の問題は、不倫発覚リスクが2倍になる点で、どちらかが逃げ腰になってしまうということです。二人とも自分の家庭を壊してまで相手と結婚したいとは思わない 可能性が高く、どちらかが「家庭を大事にしたい」と言い出したら、不倫関係は短期的なものに終わります。

以上、「浮気市場」をまとめると、不倫の最大のメリットは、性処理ができるうえに、セ ックスに伴う快楽が秘匿されている分さらに増幅し、恋愛感情が芽生えていれば「恋愛バブル」まで発生するため、多大な幸福感が生じるということです。平々凡々とした日々から脱し、新しい刺激を受けて毎日が充実したものと感じられるわけです。

長い夫婦生活を送るうえで不倫願望が生まれることは不可避であり、第4章の最後で論じたとおり、とくに既婚男性の浮気市場での取引は活発であり、短期間に不倫願望者が繰り返し再参入してきます。定義からして不倫は短期的な関係なので、ある一定期間が過ぎると別れ、再び不倫願望をいだいて浮気市場に流入するということが無限ループのように続くのです。男女ともに、不倫を1回でも経験すると歯止めが効かなくなり、2回3回とハマるケースが多々見られます。

また、一度不倫を経験すると、浮気市場の特性や不倫相手の心理に詳しくなり、「不倫偏差値」とも言うべき不倫スキルが上がることが予想されます。したがって、浮気市場に再参入したときの方が、それ以前より魅力度の高い相手と不倫することが可能となります。さらに既婚のビジネスマンであれば、一般に50歳前後まで収入が漸増していくため、50代までは ポケットマネーが上昇し、それに比例して不倫の可能性が高くなっていきます。

つづく

↓この記事を一冊にまとめた書籍はこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B08HLSQKGL/ref=cm_sw_....

作家・鈴木涼美さん推薦!

この連載について

初回を読む
恋愛学で読みとく文豪の恋

森川友義

名だたる文豪たちが小説に描いた恋ははたして「アリ」なのか? 恋愛学を提唱する著者が科学的に分析し、考察する。漱石が描く片想いは納得いかないし、川端康成は処女にこだわりすぎで、 三島由紀夫は恋愛描写が下手!? 従来の文学研究にとらわ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません