大阪市中央区・難波たこ焼き食べ歩き飲み―観光気分で難波のたこ焼きを食べ歩いて飲む酒

東京で生まれ育ち、数年前に大阪に転居したライターのスズキナオさんが、大阪をはじめとする味わい深く個性豊かな酒場の数々や酒にまつわるエピソードなどを通じて関西の土地や文化と出会う。『深夜高速バスに100回くらい乗ってわかったこと』も話題の”ウェブライターの真打ち”が満を持して「酒と関西」に向き合います! 関西といえば「粉モノ」。しかしたこ焼きひとつ取っても奥が深いのです。(毎週水・土更新)

「キタ」と「ミナミ」

大阪には「キタ」と「ミナミ」という2つのエリアを大まかに指し示す言葉があって、ニュースなどでも日常的に見聞きする。しかし調べてみると「キタ」も「ミナミ」もここからここまでという決まった定義があるわけではないらしく、その判断は人によるところが大きいようだ。

「キタ」は私鉄各線の梅田駅やJR大阪駅を中心とするエリアで(「大阪駅」と「梅田駅」という言葉がほぼ同じ意味を持っていること自体がまず難しいが……)、梅田や北新地あたりの繁華街が含まれる。私の友人の解釈では、中津や天満あたりまでも含まれるとのこと。

一方の「ミナミ」は、JR難波駅、大阪メトロ・なんば駅、心斎橋駅、日本橋駅の周辺をひとまとめにする意味合いで使われることが多いと思う。グリコ看板のある道頓堀や「アメ村」など、目立つ観光スポットが集まっているから、大阪以外に住んでいる人なら、大阪といえば「ミナミ」の風景を思い浮かべることが多いかもしれない。

少し緊張する「ミナミ」

私の住んでいる場所は「キタ」に近い方なので、買い物をするのも飲みに行くのも自然と「キタ」方面が多くなる。「ミナミ」の方だって電車に乗ってしまえばそれほど時間がかかる距離でもないのだが、たいていのことは「キタ」で事足りてしまうのだ。「ミナミ」に行くのは、「味園ユニバース」にライブを見に行くとか、宗右衛門町のイベントスペース「ロフトプラスワンウエスト」に出演する用事があって出かけるとか、そういった時に限られる。特別な機会に行く場所という感じだ。

というか、難波や心斎橋あたりを歩いていると、活気があって若い人が多くて私はなんだか緊張してしまうのである。その思いは大阪に引っ越してきてだいぶ経った今でもまったく消える気配がない。その緊張感も私の足が「ミナミ」から遠のきがちなことの一因なのである。

とはいえ、もちろん好きな居酒屋もあるにはあるのだ。相合橋筋商店街にある「正宗屋 相合橋店」は明るいうちから大勢の客で賑わう正統派大衆酒場。平日は13時半から、日曜は朝8時半から営業している。この店に入ると、外を歩いて感じていた緊張から一気に解放される。

「正宗屋」はローカルなチェーン居酒屋で、同じ屋号を持つ店が大阪・神戸エリアに複数あるのだが、この「相合橋店」は現在は独立経営になっているそう。鯛の子煮にカニ味噌をトッピングして四角く切った「カステラ」が名物メニューで、早い時間に売り切れてしまう。一度だけ食べたことがあるのだが、「濃厚な旨みの塊」といった感じで、食べていて怖いほどであった。

四つ橋筋の近くにある「豚足のかどや」も風情があって好きな店だ。テカテカと赤く輝くカウンターの上で豚足にかぶりつく。そのまま食べても美味しいし、ネギの散らされた辛めのタレにつけても旨い。瓶ビールをゴクゴク飲んで脂を流し込む。豚足を煮込んでいる鍋のダシは、「スープください」とお願いするとお椀によそって出してくれる。脂と旨みが溶け込んでトロッとした口当たりを感じさせる絶品なのだが、こちらはなんとサービス。つまり無料。このスープが飲みたくて店に来ているようなところが私にはある。

長堀橋に近いあたりの、ラム肉が入ったものなど20種類以上の餃子メニューがある中華料理店「人人餃子城」も好きだし、ドキドキしながら友達に連れていってもらった味園ビルの2階のバー「マンティコア」も記憶に残っているし、思い返してみれば色々あるのだが、未だにこの辺りは私にとって“少し気合を入れて歩く町”であり続けている。

「ミナミ」を満喫した日

その「ミナミ」エリアを、昼から晩までたっぷり満喫した一日があった。マンガ家のラズウェル細木さんが人気マンガ『酒のほそ道』の取材で大阪を訪れ、私もそれに同行させてもらった日のことである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
関西酒場のろのろ日記

スズキナオ

東京で生まれ育ち、数年前に大阪に転居したライターのスズキナオさんが、大阪をはじめとする味わい深く個性豊かな酒場の数々や酒にまつわるエピソードなどを通じて関西の土地や文化と出会う。『深夜高速バスに100回くらい乗ってわかったこと』も話題...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chiruko_t カステラ食べたい。たこ焼きハシゴやったことあるけど4件が限界でした。 13日前 replyretweetfavorite

gar_osaka いや、中津や天満はキタやないやろ #スマートニュース 13日前 replyretweetfavorite

granat_san 予想外のものをカステラと呼んでいた。すごくおいしそう。 15日前 replyretweetfavorite