親がブレているのが一番よくない

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第2章 シングルマザーの 決意

【取捨選択】 余計なことは、見ない、聞かない、流されない

母子だけの生活になって、「この先どうなるんだろう?」「自分一人で、子どもをちゃんと育てられるだろうか?」と、不安や心配ごとを考え出すとキリがありません。
でも私の場合、よくよく考えてみると、離婚する前から夫は仕事が忙しく帰りも遅かったので、家事も育児もほとんど私の役目。完全なワンオペ状態だったのです。

そう考えると、別居して離婚してからも、やっていることはさほど変わりませんでした。離婚後は非常勤で近くの区役所で働きはじめましたが、それも9時から15時半までの短時間勤務。子育てに支障をきたさない程度の仕事です。  
そのため今まで通り、自分のやり方と自分のペースで、子育てを続けることができました。

また、離婚を決めた後も、子どもに中学受験をさせて中高一貫校に行かせたいという思いは、変わりませんでした。  
洗足学園小学校(神奈川県川崎市)で素晴らしい教育を受けさせることができたので、中学高校でも、できるだけ質の高い教育環境で、優秀な友人に囲まれて切磋琢磨できる青春時代を送ってほしかったからです。

そのため、別居から離婚までの2年の間、長男は中学受験塾に通いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません