いますぐ真似したい、あきこのお弁当。必殺技はごはんの段差盛り! 

日本一有名な「寮ごはん」。それが、「寮母あきこのガツンごはん」です。お昼は、おかずが立体的に盛り上がった、ボリュームたっぷりの置き弁。この詰め方には、あきこ流のルールがあります。普通のお弁当にももちろん応用できるので、ぜひお試しを! 一目見ただけで、むくむく食欲がわいてくる、おいしさの秘密を『寮母あきこのガツンごはん』から特別連載! マンネリごはんが劇的に変わる!

あきこの置き弁の詰め方、初公開!

私のお弁当は、蓋を閉めて持ち歩かない「置き弁」。だから、普通のお弁当とは少し違うと思います。
まず、かなり立体的。上に向かって立ってる感じ。横から見ると、結構すごいボリュームです。


ちらし寿司と天ぷら。思いっきり立体的です。

いちばん気を付けているのは、隙間がないようにすること。
上から見たとき、ぎっしりに詰まっているように見えるのが、お弁当のいいところだと思います。

日によって、まったく詰め方が違いますが、ある日のお弁当の詰め方を紹介します。
蓋をする普通のお弁当にも、この詰め方は応用できるので、ぜひ試してみてくださいね。

①ごはんは斜めに。そして段差をつける!
ごはんの詰め方は、魚のときは斜めにすることが多いです。長い魚がきれいに収まるので。そして、少しごはんに段差をつけるようにします。そうすると、魚が乗ったときに、きれいに見えます。

② 食べられない仕切りは使わない
仕切りにはリーフレタス。チンする人がいるかもしれないので、アルミホイルやおかず用カップは使わず、お弁当の中身は全部食べられるものにしています。彩りもきれい。

③段差の上に魚を載せると立体的に
今日の魚は、鮭の竜田揚げ。竜田揚げは、醤油とみりんに漬けておいてから、小麦粉をつけて揚げます。濃いめの味がお弁当に合います。リーフレタスの上に置いて、下の隙間にはピーマンのきんぴらを。

④隣のおかずと違う色合いのものを
どんどん隙間を埋めるようなつもりで、隣に、焼きたらこと枝豆のポテトサラダを。こちらも、上にはみ出しても構わないので、たっぷりめに盛ります。ピーマンの隣に来るので、白っぽいおかずを。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

愛と工夫と熱意があるからおいしい! ガツンごはんの秘密、一挙公開。

寮母あきこのガツンごはん

あきこ
マガジンハウス
2020-08-27

この連載について

初回を読む
寮母あきこのガツンごはん

あきこ

迫力のボリューム、大胆な盛り付け! 日本一有名な寮ごはん、それが「寮母あきこのガツンごはん」です。造船関係の会社で働くガタイのいい男性のために、日々腕を振るうあきこさん。昼は400円、夜は800円の予算をめいっぱい使って、楽しく食べて...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

chiruko_t おなすい。 9日前 replyretweetfavorite

booksmagazine cakesで『寮母あきこのガツンごはん』より特別連載。おいしく見えるのには理由があった!  12日前 replyretweetfavorite