わかる日本書紀

美人妹に恋する兄。ついに禁忌を犯すも処罰は妹のみ【第19代最終章】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第2巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第19代、允恭天皇の御代のお話。

カルノミコとカルノオオイラツメの恋

允恭二十三年三月七日、カルノミコ(木梨軽皇子)を、皇太子に立てました。
容姿端麗で、見る者は、ついうっとりするほどでした。同母の妹・カルノオオイラツメ(軽大娘皇女)もまた艶妙でした。皇太子は以前から、カルノオオイラツメと結婚したいと思っていましたが、罪になることを恐れて黙っていました。
しかし恋慕の情が高まり、ほとんど死にそうなまでになりました。そこで、
「空しく死ぬより、たとえ罪になっても忍ぶことなどできない」
と、ついに密かに通じて、悶々とした気持ちが、少しなだめられました。そしてこんな歌を詠みました。

あしひきの※1 山田(やまだ)を作り
山高(やまだか)み 下樋(したび)※2を走(わ)しせ
下泣(したな)きに 我が泣く妻
片泣(かたな)きに 我が泣く妻
昨夜(こぞ)こそ 安く膚触(はだふ)れ

(※訳:
山田を作り
山が高いので下樋を通すように
私が忍び泣きに恋う妻よ
私が独り泣きに恋う妻よ
昨夜は、心安らかにその肌に触れたのだ)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません