曾祖母とお地蔵様

曾祖母のとしょさんは、仏壇から下げたご飯を毎晩えむさんに食べさせたり、近所の社に来る大師様を心待ちにするなど、信心深い一面があったのだそう。曾祖母編、最終回は、えむさんの記憶に残る、近所のお地蔵様ととしょさんのお話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

A4XWkXMbwqLNc4K 宗吾参道ってのも関係あるよね。 いいねー!じもとのマンガ。 #スマートニュース 15日前 replyretweetfavorite

ksw_ngn ご先祖様や地域の歴史って、日常の習慣の中で尊重されて受け継がれてきているから残るのだと思う。日暮えむさんの記憶がこうして形になって、私も知ることができた。 16日前 replyretweetfavorite

abura 佐倉惣五郎の直訴の話を読んですぐに『ベロ出しチョンマ』を思い出した。 調べてみたら『ベロ出しチョンマ』のモデルだった。 16日前 replyretweetfavorite

SK7FISH 一家全員処刑って、実例は知らなかったけどやっぱりあったんだな 16日前 replyretweetfavorite