家選び

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第2章 シングルマザーの 決意

【環境づくり】通勤通学時間を最小限にして日々をやりくり

母子で生活する新居は、できるだけ通学、通勤の時間のムダやストレスを減らすため、学校や職場に近いことを第一条件にしました。最終的に選んだのは、子どもが小学校に歩いて通える距離にある物件です。それくらい近ければ、もし地震などの災害があったとき、すぐに迎えに行けます。また、電車通学の時間がなくなったぶん、子どもの生活にも余裕が生まれますし、満員電車に乗るストレスもなくなります。

もちろん、シングルマザーになると経済的に苦しくなるので、都内にある実家に戻ることも当然考えました。しかし、やはり親でなければわからないこと、できないことはたくさんあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません