明るい」と言われてびっくりする

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中! Twitter Instagram  @yokonama280

「明るい性格」と言われる人でも“家ではそうでもない”というのはよくありますね。芯から明るい人って、一緒にいると(なぜか思わず笑って)自然と笑顔になってしまう人のこと?かもしれないですね。

私は今までの人生で、人から

「明るいねー。」

と、少なくない回数言われて来ました。

名前が「陽子」で「太陽のように明るく元気な子に育ちますように」という願いが込められていたかどうかは怪しいですが、

その印象にも引っ張られているのか・・・。

「よく笑う。」

「人を明るくする。」

とも言われます。

そう言われたとき、私は「違和感」を覚えます

なぜなら自分では自分のことを全くそんな風には思っていないからです。

「暗い」まではいかなくても、「明るくはない」と自覚しています。

よく笑うのは無意識ですが何となく笑っておけばその場が和むから的に自然とそうなっているのかも知れないとすら思います。

家では暗いかも。誰でもかな。

うちは夫がバラエティ番組などにも出演するタイプの役者なので、よく

「生瀬さんて、家でも面白いの?」

と聞かれます。

そんな時は、

「いや、家では寡黙です。」

と言うと、冗談だと思われているのか笑われます。

ほんまなんやけど・・・。

人の印象って自分が思っているものとは違うんだなぁと思います。

「こう見られたい」という感情もそこには入ってくるのかも知れませんが、私は「明るい人と思われたい」と思ったことはありません

が、関西出身者にありがちな「声が大きい」は自覚しております。

なぜなら昔から(大阪の学生時代から)みんなで騒いでいたら「必ず私だけが怒られる」からです。

学生時代、5人くらいで喋っていても先生から、

「ほーりーもーとー!うるさい!」

と、まるでそのグループの代表者のようによく怒られたものです。

つい最近も2回(?!)、レストランで怒られました。

1回目は保護者会帰りに久しぶりにママ友達とお茶をした時、4人で話していて、

「お客様、ちょっと声の大きさを下げていただけますか?」

と自分よりもはるかに若い店員さんに注意されましたが、確実に最初の目線は私でした。

2回目は友達と2人でランチしていたときに

「他のお客様もいらっしゃいますので・・・。」

と・・・。

ランチ写真、なぜか写真を撮るというと料理を寄せてくれるママ友たち

新しい生活様式にみんなが慣れてきて、ランチなんかは一人でとる女性も多く、喋る時も小声で、と意識されている方が多くなって私の盛り上がってきたときのテンションの高さがより際立ってしまうのでしょうか。

しかしながら、今はまだまだコロナ禍

いくら久しぶりでも、興味深い内容の話でも静かに話すのが新常識の世の中で、このようなお叱りを受けるといつも以上に、申し訳ない気持ちになります。

大人なのに・・・。

「静かに笑う」のって難しいけど、きっとこの状況が急速に収束することはないので、その「技」を習得しなければ・・・。

でもやはりこういうところが「明るい」印象を与えているのかなぁ。

「明るい失敗」は他にもあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yokonama280 |堀本陽子 @yokonama280 |わたし役者の妻で、モデルで、母です 本日エッセイ更新されました😊お暇つぶしによかったら読んでみてくださいね✨ https://t.co/QU80Nfuxub 7日前 replyretweetfavorite