明治生まれの曾祖母の死生観

「新ひぐらし日記」、全12回の曾祖母編は11回です。節分の豆を食べながら、曾祖母は「死ぬのなんか怖くない」と言い切ります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SnowPrairie 一気に読んでしまった! 17日前 replyretweetfavorite

kfthinwor33 今回も話題満載ですね(笑)そして風習が生き生きと息づいていますね。私たちの時代のことも後にいろいろな風習として懐かしみ、またおかしく思う時がくるでしょうね、きっと。 17日前 replyretweetfavorite

Higurashi_Emu cakesさんで「新ひぐらし日記」が更新されました。 明治生まれの曾祖母の話 その⑪です。 四季折々の生活の中、曾祖母がよく言っていた話です。 ぜひ読んでみて下さいね! https://t.co/yxTopswfrp 17日前 replyretweetfavorite