愛ゆえの心配が「男らしさ・女らしさ」を強化している

男女間の対立を減らすにはどうしたらいいかを、描き子さん(@kaqico)が考えていくこの連載。今回のテーマは「子供に男らしさ女らしさを押し付けないことの難しさ」についてです。子供には性別に縛られずに楽しく生きてほしいと思う一方、余計な苦労をさせたくないというのもまた親心。その葛藤について掘り下げていきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
男と女、どっちもつらいよ

描き子

「女なんて…」「これだから男は…」など、ときに起こる男女間の対立。お互いに悪気はないのに、考え方の違いや誤解によって起こってしまうこともあります。男女間のいがみ合いを減らすにはどうしたらいいのでしょうか。twitterで人気の描き子さ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

F3CXjhTNcGRBsG3 @michi_7726 https://t.co/kNdNV1WWCf まさにコレですね 19日前 replyretweetfavorite

numa_5211 単に「周りを気にせず好きなように生きろ」というのは本当に愛なのかどうか。答えは無いんでしょうけど…。 22日前 replyretweetfavorite

ri_nyori 世の中のジェンダー論をどこまで子どもに伝えるかって話。 そうなのよね〜自分の価値観だけで突き放せないのよね〜難しい🤔 https://t.co/EhfgRhwq1r 22日前 replyretweetfavorite

de4622000 長い歴史の中で形成された「差」であり、理論的に証明できないけれど、何らかの合理性があるから多くの人が許容している。 23日前 replyretweetfavorite