マイナポイントで考えた。 個人情報の守り方と晒し方を工夫すること。

一人最大5000円分もらえるマイナポイントこと、マイナンバーポイント。ほしいけど個人情報が把握されてしまうという心配をしている人も多いのでは? 最近問題のキャッシュレス決済による銀行からの不正引き出しなどのニュースを見るにつけ、どう個人情報を守ったらよいのか迷ってしまいます。経済評論家の佐藤治彦氏による、スマホ時代に気をつけたい個人情報の守り方とは?

マイナポイントはお得?

夏にラジオ番組でマイナポイントの説明をしました。
ご存知の方も多いとは思いますが、マイナポイントとは、マイナンバーポイントの略。
そして、注目されている理由は、総務省が行なっているキャンペーンで購入金額の25%分、最大で5000円分のポイントがもらえるからです。

税金を使ってのポイントキャンペーンをやっている理由はいくつかありますが、1つはなかなか普及しない(今年の初めで15%ほど)マイナンバーカードを多くの国民に持ってもらいたいこと、キャッシュレスでの消費を推進する。つまり、個人消費の喚起策というわけです。

5000円分のマイナポイントを得るためには、マイナンバーカードを発行してもらい、そこにキャッシュレスのクレジットカード、QR決済コード、ICカード(電子マネー)から1つを選んで紐づけて、期間中に買い物、もしくはチャージする必要があります。
あとはチャージや買い物を2万円するだけです。ひとりにつき5000円ですから家族4人だと2万円。
多くの人にとって簡単に無視できる金額ではありません。

そんな話をしたら、ラジオのリスナーの人がSNSで僕あてにこう呟きました。

「5000円は欲しいけれど、5000円で自分の個人情報を売り渡すのも嫌だなあ。悩ましいところ」

そのような懸念は少なくありません。
日本中の弁護士が所属している日弁連も公式にマイナンバーカード制度に反対しています。
懸念を無視できない事件も起きました。
日本はどうもデジタル関連のセキュリティが万全ではないのでしょうか?
9月には多くの個人の銀行口座から、組織的に預金が引き出される事件がおきました。
それが、キャッシュレス決済の流れの中での、認証システムの弱点を突いたものだったので、多くの人が不安を実感したと思います。
また、大企業や公的機関が絡んだ、個人情報の漏洩事件や事故も珍しいことではありません。

多くの情報がマイナンバーカードに紐付けされていくことによって、個人情報が把握されてしまう、さらけ出されてしまうと心配するのは決して考えすぎだとは思いません。
確かにリスクはあるのです。

ドイツで給付金がすぐ振り込まれたのは
I.D.カードと口座が紐付けされていたから

一方で、運転をしない私にとって、公式なI.D.(身分証明書)になるものはパスポートと健康保険証くらいで、マイナンバーカードは現住所と顔写真が入る新たなI.D.として使えるものになります。
さらに、このマイナンバーカードは今でも住民票など一部の公的書類を請求するのに使えるだけでなく、今後は健康保険証がわりにもなる模様です。
また、新型コロナウイルス対策で配られた国民ひとり10万円の特別定額給付金の支給に数ヶ月の期間と多くの煩雑な事務作業が必要だったことも問題視されました。
ドイツなどでは支援策が決まってから、対象者に数日で現金が振り込まれた背景を調べると、この種のI.D.カードと振込口座が紐付けられていて、ドイツ政府は給付金をすぐに支払うことができたとのこと。 日本はデジタル化が遅れていると指摘する声は少なくありません。

皆さんはどのように思ったでしょうか?
今後、マイナンバーカードに銀行口座、健康情報、その人の家族構成や、職業や収入、学歴といった個人にまつわる様々な情報が紐付けされていくとなると、個人のさまざまなプライバシーがカードにアクセスできれば明らかになる。
悪意がなくても情報は漏れることがあるだろうし、悪意ある利用がされたとしたらどうしようと思わずに入られません。 マイナンバーカードさえ持たなければ、カードを通してのリスクはないわけで、5000円で大切な情報を売り渡したくないという気持ちは理解できます。

しかし、何事もものごとには、表と裏があるもので、そのようなリスクがあったとしても、マイナンバーカードが本格的に稼働すれば便利になることも事実です。

私たちはこのような世の中の動きにどのように対応すればいいのでしょう。

スマホにどこまで情報を集約させるか問題

この問題を考えるときに思い出してもらいたいのが、私たちの生活とスマホの関係についてです。 今、スマホがない生活など考えられないという人がどれほど多いことか。
特に40歳くらいまでの人はスマホがなければ、日々の生活に支障が出る人が少なくないはずです。
スマホに生活のインフラといっていい機能を集約している人が多いからです。

逆に私はスマホに機能を集中させることをしないようにしています。
出先で音楽を聴くなら今だにMPを持ち歩いていますし、スマホで画像を撮ることはゼロではありませんが、旅行をする時には必ずデジカメで撮影しています。
キャンペーンなどでお得な買い物ができる場合は、QRコード決済のPayPayやd払いにスマホも利用しますが、主なキャッシュレス決済手段は財布の中にあるクレジットカードです。

自分の銀行口座や株式の売買に関する口座をスマホからする人も多い時代ですが、私自身は決して手を出していません。

今の世の中はスマホの便利さに、みな心底惚れ込んでいます。
菅新首相が、携帯電話の料金を大幅に下げることを就任にあったての政策の目玉に掲げたので、料金もますます下がるのでしょう。
携帯電話各社が大幅値下げをすることを見込んでか、各社の収益も下がると見込まれ株価が下がったくらいです。
確かにスマホがあれば便利なのはわかります。
もはや、パソコンさえも時代遅れになりそうな勢いです。

今やスマホで公共交通機関に乗ることもでき、音楽や映像も楽しむことができる。 そのためテレビを持たない若者が増えているそうです。
パソコンがなくても、必要なことは調べられるし、スマホで原稿を書くライターも小説家もいます。 スマホがあればなんでもできる。
そんな時代が来ています。

最近は旅をする時のツアーの参加証や集合場所の情報などもQRコードで行われスマホがあればすべてを把握できます。
飛行機の搭乗券や海外では長距離のバスや列車の乗車券もスマホのQRコードを見せるだけの時代です。 事業者側も瞬時に情報を把握することができて、事業の円滑な運営にも役立てているようです。
コンサートやプロスポーツの試合、演劇などの入場券もスマホのデジタルコードで入場する時代です。
入り口で係りの人が、チケットをもぎって半券をとり座席を案内してくれる時代ではないことは知ってます。その流れに逆らっても仕方がありません。
私も鉄道やバスに乗るには、スイカ、イコカなどのICカードを使いますが、スイカ、イコカをスマホに取り込んでしまうことはせず、交通系のICカードとして独立させています。
便利なのはわかるのですが、私は選択しません。
なぜなら、スマホが機能しなくなったら、お手上げになることが目に見えているからです。

もしもスマホが使えなかったら

うっかり充電し損ねた。
うっかり忘れた、落とした。
うっかり電波の悪いところだった。
うっかりチャージしていなかった、できなかった。
誰かがうっかりシステム障害を起こしてしまった。

もうお手上げです。
うっかりやたまたまが起きてしまうと、手元に現金やクレジットカードを持っていないと買物どころか、公共交通機関は利用できず、電話することさえできなくなるかもしれないのです。

便利なものは、それを失った時の代償が大きいもの。
スマホに集中させると、いざという時のダメージが大きすぎます。 先述したように、中にはスマホでしかできないものもあります。
QRコード決済や、非常にお得なクーポン、ラインなどのSNSや、電話と同等の機能のある通話システム。そういったスマホの便利さは享受します。また、利用もします。
他に代替できないからです。
それでも、クレジットカードや現金も持ち歩き、スマホが使えなくなった時のために、最低限必要な電話番号は手書きで持ち歩いています。
搭乗券や乗車券、コンサートなどの入場券、集合場所の地図なども、必ず紙にプリントアウトしておきます。スマホ関係でトラブルがあっても、これなら安心だからです。

このように、便利なスマホも、前のめりで飛びつかないように選択しています。
マイナンバーカードは、近いうちに自らの銀行口座と紐づけることができるようになるようです。紐付けすれば、将来的には国とのお金のやりとり、納税や還付なども便利になるでしょう。
しかし、そこに先に書いたような、情報漏洩の危険性や、買い物履歴を把握されるリスクもゼロではないという事実があるのです。

佐藤流、個人情報漏洩防止方法

冒頭に紹介した「5000円は欲しいけれど、5000円で個人情報を売り渡すのは嫌だなあ」と懸念していた人に、佐藤流の解決方法を提案してみました。
それは、今回のマイナポイントでの紐付けに象徴されます。

漏洩などのリスクがあると思うものには、漏洩や把握されても構わないようなものを紐付けするということです。
今回の場合なら、マイナンバーカードと紐付けしたキャッシュレス決済は、普段使いしてないものにする。
キャンペーンによる利用も把握されても構わない買物だけにしています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おひとりさまの家計経済学

佐藤治彦

「普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話」「普通の人がケチらず貯まるお金の話」でシリーズほぼ12万部の経済評論家、佐藤治彦のおひとりさまと、将来おひとりさまになりそうな人が、直面する経済と生活の問題を真正面に取り上げて、その具...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SatoHaruhiko 連載中 おひとりさまの家計経済学  今すぐなら無料で最後まで読めます! https://t.co/s5TKSiTN1u 19日前 replyretweetfavorite

mmr_hrk おお、同じ様な考え方の人が! 把握されても困らない買い物・一番よく使うのとは違うpay・あんまり使っていない口座 → 19日前 replyretweetfavorite