​コクと旨みがジュワッと染み出す高野豆腐の煮物

今回は、リクエストにお答えして「高野豆腐の煮物」をご紹介します。高野豆腐料理の成功のカギを握る部分をしっかり確認しつつ、ポイントを抑えることで格別な味に仕上げることができます。さらに、煮物には珍しい工夫でコクもプラス。ぜひお試しください!

乾物を使いこなしている人は料理上手。今日はリクエストをいただいた高野豆腐の煮物の作り方です。高野豆腐=凍み豆腐はその名前の通り、豆腐を凍らせることで乾燥させた豆腐。おおまかな作り方の流れは

豆腐→凍結→熟成→解凍→膨軟加工→乾燥→製品

というものです。昔、高野豆腐の煮物は「難しい料理」と思われてきました。膨軟加工という部分でアンモニアが使われていたからです。しかし、現在流通している高野豆腐のほとんどが重曹等によって加工されたものなので、誰でも簡単に調理することができます。

高野豆腐の煮物

材料

高野豆腐…4枚
出汁…600cc
砂糖…大さじ2
みりん…大さじ1
醤油…小さじ2
塩…小さじ1/4(1.5g)


1.高野豆腐は50℃の湯に1〜2分つけ、戻す。その後、両手で絞るようにして水気を抜き、新しい水につける。すぐに水分が含むので、もう一度両手で絞る。新しい水を加えては絞ることを4〜5回繰り返し、半分に切る。

2.もう一度絞ってから、170℃に熱した油を準備し、四隅がうっすらと硬くなるまで揚げる(小さい鍋を使い、何度かにわけて揚げるとよい)。油をよく切っておく。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dizzy_dazzle_y コクと旨みがジュワッと染み出す高野豆腐の煮物|樋口直哉 @naoya_foodlab | 8日前 replyretweetfavorite

syoujinkankyo コクと旨みがジュワッと染み出す高野豆腐の煮物|樋口直哉 @naoya_foodlab | 17日前 replyretweetfavorite

MaxHeart24 →コクと旨みがジュワッと染み出す高野豆腐の煮物|樋口直哉 @naoya_foodlab | 17日前 replyretweetfavorite