フェル先生のさわやか人生相談

40歳独身。ひとりでいたいけど、今後の孤独が不安【404回】

本日のお悩みは、40歳の独身女性から。それなりに恋愛をしてきて、今はフリー。友だちにも恵まれ、仕事も充実している。自分はひとりの時間が必要なタイプなのでこれでよいと思いつつ、今後歳を重ねていくことを考えると、孤独感が増していきそうで不安……。彼女の悩みを、フェル先生は「40歳の壁」だと言い切ります。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

50代60代と年を重ねていくことを考えると……。

今年40歳になった独身女です。出来るだけ簡潔に書きたかったのですが、長くなってしまいました。もし良かったら、読んでいただけると幸いです。

私の悩みは、孤独感です。

現在、恋人はいません。未婚です。容姿は悪い方ではなく(最近は少し中年太りになってきてしまいましたが)、これまでに十指に余る程の男性と関係を持ちました。数年間きちんと付き合ったり、同棲していた男性もいました。不倫の経験もありますが、不毛な関係に嫌気が差し、一年程で自分から別れました。

数は少ないですが、10年20年以上の仲になる女友達、男友達(肉体関係なし)もいます。30代以降は仕事や家庭のことで皆忙しく、頻繁に会うのは難しいのが残念ではありますが、たまに食事をしたり、共通の趣味を一緒に楽しんだりしています。

勤め先は大手の外資系企業で、年齢や人種、バックグラウンド等、多種多様な人間が属しています。能力主義なので評価が厳しくはありますが、やり甲斐がありますし、福利厚生もしっかりしています。仕事の後に飲みに行ったり、一緒に旅行に行ったりする仲間もいて、人間関係にも恵まれています。

ただ私は、他人と一緒にいるのは楽しいと思う反面、ひとりで静かに過ごす時間が必要なのです。特に仕事では顧客を含めて多くの人と顔を合わせる必要があり、休みの日はひとりで引き籠るようにして神経を鎮めないと、ストレスが溜まります。もしかするとHSPの傾向があるのかもしれません。

自分は他人に対して興味がなく、愛着が持てないのではないか、と感じています。よく考えると子供の頃からなのですが、良くも悪くも、ひとりでいてもそんなに寂しいと思うことがありません。家族に対しても同じです。誰といても心のどこかで「ひとりになりたい」と思ってしまいます。友人達は私のそういう部分を理解してくれているので有難いですが、なんとなく自分と他人の間には見えない壁があるような感じがします。好きになった男性と「結婚したい」と思うこともありましたが、子供は欲しくないし、ずっと添い遂げる自信がなくて踏み切ることが出来ませんでした。そして自分から別れを告げてしまうことの繰り返し。そうしている内に、ひとりのまま40歳を迎えることとなってしまいました。

「それなら、無理せずひとりで生きていけばいいのでは?」と思われるでしょうし、自分でもそうする他ないと、半ば諦めています。ただ、今はまだ何とかやっていけるのですが、今後50代60代と年を重ねていくと、どんどん孤独感が増しそうで不安です。生きていくのが嫌になるような鬱状態ではないのですが、このままで良いのかな、という気持ちを抱えたままでいるのが、つらいです。先程「寂しいと思うことはありません」と書きましたが、本当は寂しいと思っているのに、何らかの原因でそう感じないようになってしまったのかもしれません。

心療内科やセラピーに通ったりもしてみましたが、あまり良い先生と巡り合うことが出来ませんでした。こちらの話を聞いてくれるのは多少のストレス解消になるのですが、ただそれだけ、という感じ。当たり障りの無いことを言われるだけだし、結局は自分でどうにかするしかないんだな、と諦めました。

ここまで書いて、何を求めて相談をするのか自分でもよくわからなくなってきました。ただ気持ちを吐き出したかっただけなのかもしれません。ここまで読んでくださっているかどうか自信はありませんが、もしそうだとしたら貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。

(40歳、女性、IT技術者)

A.今回は40歳の独身女性からのご相談です。

40歳。女性にはズシンと重く来る年齢ですよね。「節目」とでも言いましょういか、いきなりバサっと白髪が増える訳でも、ランのタイムが急激に遅くなってしまう訳でもないのに、世間の見る目は明らかに変わって来る。そしてそれ以上に、自分の心持ちが「ついに40歳になってしまった……」と重苦しくなって来る。いまどき「まだ結婚しないの?」とか、「子供は作らなくて平気なの?」と聞いてくる無神経な阿呆はいないでしょうが、それでも世間には何とも形容詞しがたい“無言の圧力”が、令和の時代に至っても明確に存在する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません