山の中をひたすら歩いて抱いた不思議な感覚

休暇を利用して、スイス、イタリアの国境近くの山岳地域を訪れたみとさん。往復10時間の山歩きにチャレンジするなかで、次第に自分自身の身体への感覚が鋭くなり、不思議な感覚を抱きはじめます。

森の中や山の中をひたすら歩いているとき、いつの間にか自分がいなくなる瞬間がある。

10日間の休暇で私は、スイス、イタリアの国境近くの山岳地域へやってきた。山歩きをするためである。その夏は猛暑と、仕事の連勤でとても精神がすり減っていて、待ちに待った休暇だった。

往復5時間の山歩きを予定していた日、朝早く目が覚めたので、急遽予定を変え、山頂付近で5つの湖がみられるという、往復10時間のコースを歩くことにした。山頂付近まで車でアクセスできるので、そのコースを歩く人はほとんどいない。けれど、その行程で何が見つけられるのか知りたくて私は歩いてみようと思ったのだ。それに自分への挑戦のような気持ちもあった。

自分の身体と、大きな存在

空は厚い雲に覆われ、快晴とは言えなかった。道案内は黄色い看板がしてくれる。表記を確かめながら看板から看板へと道順を進める。歩き始めると、次第に頭の中が色々な雑念であふれてきた。何時までに目的地に辿り着けるだろうか。迷ったりしないだろうか。体力はもつだろうか。水は充分だろうか。仕事しんどかったな。なぜあんな言い方をされるのだろう。理不尽に感じる。どう伝えたらわかってくれるだろう...。

けれど、歩き始めてから数時間も経つとそんな雑念も次第に遠のいていき、ただただ歩くことに没頭していった。きつい傾斜が続き、息が上がって、皮膚から汗が滴り落ちてくる。呼吸が荒くなり、鼓動の音は早いリズムで内側に響く。足、太もも、ふくらはぎ、背中、腕、肩、胸、それぞれの筋肉が伸び縮みし、熱くなっている。火照った身体を風が通り抜け、木々がざわめく。普段意識をすることのない自分の身体への感覚が鋭くなっているのを感じた。

さらに数時間歩き続けると、いつの間にか肉体的な苦しさを感じなくなっていることに気づく。仕事、性別、容姿、国籍、名前という肩書がするする剥がれ落ちてゆき、外側から判断される他者からの評価というものから解放されて、ひとつの身体を持った、何者でもないただの人間、それだけになっていた。

「私」というものがどこにもいなくなって、その時、感じたのは気配だけだった。あたたかな土に、揺れる葉に、皮膚を撫でる風に、湿ったにおいに、この大気のなかに潜む無数の気配が、ひとつに溶け合っている。これが、地球というおおきな生命なのではないか。なぜだかそう感じた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
生きるための実験

みと

パートナーとの出会いをきっかけにフランスへ移住することになった、みとさん。しかし、仕事もお金も友人もなく、異国での生活に不安を感じていました。そんななか、自然の素材で生活道具をつくったり、森できのこや野草を採って食べたりする楽しさを見...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_mito_to 往復10時間の山歩きについて書きました!|みと @_mito_to | 20日前 replyretweetfavorite

izaken77 ”「こんにちは」と挨拶を交わすとき、私は「日本人女性」になっていた。そしてそのことがなんだか急につまらなく感じてしまった。” この部分、好き。 20日前 replyretweetfavorite