純猥談

いつか回り回って恋人に戻れたら幸せです。

私は高校1年生で、初めての彼氏ができた。 そして彼氏にとっても初めての彼女だった。私達は二人揃って浮かれていた。 いつも幸せだった。だがそんな私達にも終わりはやって来た。


女の恋愛は上書き保存、なんて嘘だ。
ちっとも上書き保存なんかされやしない。

そんな忘れられない恋愛をしたのは、 もう10年も前のことになる。


私は高校1年生で、初めての彼氏ができた。 そして彼氏にとっても初めての彼女だった。

私達は二人揃って浮かれていた。 いつも幸せだった。

初めてのデート、嬉しくて保護したメール、親に早く寝なさいと怒られた夜の電話、何もかも鮮明に思い出せる。世の中で流行っている恋愛ソングの歌詞の意味が分かったような感じがした。

一気に大人になったような気持ちだった。


周りには早熟な友人もいたが、私達は比較的慎重であり、初めてのキスをするまで2ヶ月、セックスをするまで5ヶ月くらいかかった。

異性とは体の作りが違うということ、かわいい下着をつけると喜んでくれること、こんな自分でも相手を喜ばせることができること、幸せな痛みがあること。

お互いに全てが初めて知ることだった。

公園でいちゃいちゃし、カラオケボックスの死角で店員にバレないようにセックスをする。お金がある日は少し広めの漫喫に行き、声を堪えながらセックスをする。

回数を重ねるごとに性的快感というものを知り、さらに相手に夢中になった。


もちろんセックスだけではなかった。

一緒に登下校をしたり、文化祭をまわったり、放課後プリクラを撮ったり、図書館で受験勉強をしたり、修学旅行では友達に冷やかされながら合流したりした。

友達とうまくいかない時、家族と喧嘩した時、勉強が伸び悩んでいる時、いつでもそばにいてくれた。

絵に描いたような青春時代を過ごした。


だがそんな私達にも終わりはやって来た。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
純猥談

純猥談 編集部

誰もが登場人物になったかもしれない、現代の性愛にまつわる誰かの体験談が純猥談として日夜集まってきています。様々な状況に置かれた人たちから寄せられた3000件を超える投稿の中から、編集部が選りすぐった傑作を公開していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Yopikochume エモい〜・・・!!! 25日前 replyretweetfavorite

nyapico1124 泣くよね 25日前 replyretweetfavorite