世界観のフィルタリングをオフにする【後編】

みなさんは見知らぬ街に訪れて、辺りをしげしげと見回すことがありますか? 子供のときよりも好奇心が少なくなっていませんか? もしかしたらそれは自分にとって不必要な情報を遮断した結果かもしれません。東浩紀さんはそれを、「おとなになること」、つまり頭の中に世界観のフィルタを作ることだと言います。
広大なネット空間から無限の情報を引き出せる時代、私たちはどのように「うまく生きていく=検索をかける」べきなのか。縦横無尽に活躍を続ける評論家・東浩紀さんによる連載放談です。

 グローバル化とは要は、コピーが蔓延し、それがさらに模倣されてコピーのコピーを生み出し、なにもかもが平準化していくフラットな世界のことです。東アジアの都市を訪れるとその本質がよく見えてくる。二一世紀の世界でどう生きていくかを考えるヒントは、ヨーロッパよりもアジアに隠されているように思います。

 コピーというとネガティブな印象を持たれるかもしれませんが、これは単純にいい、悪いといえるような性質のものではありません。グローバル化は悪でローカルな多様性が大事という人は多いけれど、実際には人間の求めるものにそこまでバリエーションがあるわけでもない。手は二本だし足は二本だし、腹減ったらメシを食わなければいけないわけですからね(笑)。その前提のうえで、商業施設や交通機関といった生活の基盤は、どこに行っても同じような形態のものに収斂していくはずです。これは別に悪いことではない。

進むアジアの浄化

 次に東南アジアに行くとしたら、ミャンマーでしょうか。仏塔がにょきにょき立っているバガンとかぜひ行きたいですね。つい最近まで軍事国家だったはずが、いまやビジネスで熱い注目を集める場所になり、観光地化も進んでいる。成田からの直行便もビジネス向けに新設され、その後すぐに一般観光客のために増便されました。実態がどこまで変わっているかは見てみないとわかりませんが、東南アジアの変化は概してとても急速です。
 一昨年のカンボジア旅行では、シェムリアップという街に滞在しました。ここは、ほんの数年前の旅行記を読むと、売春街として有名で、ストリートチルドレンがそこら中を闊歩していることになっていた。けれどぼくが訪れた頃には、街はすっかり浄化され、ストリートチルドレンもほとんどいなかった。

 このような変化を批判するひともいます。浄化を進め、街を清潔にすることは正しいのか。これは東南アジアに限った問題ではなく、二〇〇〇年代以降日本国内、とくに石原都政下の東京でも同じことが議論されてきました。オリンピックの開催が決まり、その流れはより加速するはずです。

 これは難しい問題です。むろん、ある場所の「浄化」が別の場所に矛盾を押し込むものなのであれば、これは批判しなければならない。しかし、そもそも浄化そのものがどうかといえば、結論から言うと、ぼくはそれは肯定すべきだと思っています。食料供給の安定や、衛生状態の改善、識字率の向上といったことは、議論の余地がない絶対善と考えるべきです。これに反発し、「むかしの素朴さが失われてしまった」と嘆くのは、個人的なノスタルジーでしかない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
検索ワードをさがす旅【第2期】

東浩紀

検索すればあらゆることがわかる時代。日々たくさんの情報に埋もれているけれど、果たして本当に欲しい情報はなんなのか。その検索ワードはどこから思いついたのか。テーマはズバリ、「若者よ、スマホを持って旅へ出よ」。ただし、自分や目的を探すので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません